日本統一教会第13代会長に徳野英治氏が就任


統一教会公式HPの記事を紹介します。

 


 徳野会長天暦11月15日(陽暦12月27日)、役員会で徳野英治氏が第13代日本統一教会会長として選任されたことを受けて、天暦11月17日(陽暦12月29日)午前10時から本部教会の礼拝堂において、「日本統一教会 徳野英治・第13代会長就任式」が行われました。

 

 藤原秀敏総務局長の司会で始まった同式典は、周藤健・日本統一教会副会長の代表報告祈祷の後、宋ヨンソプ・全国祝福家庭総連合会総会長が「2012年は多事多難な時でありました」と文鮮明師と梶栗玄太郎・日本統一教会会長の聖和を振り返りながら、「日本は今からが重要です。皆様、徳野英治新会長を中心に力を合わせ、『基元節』勝利に向けて死生決断、全力投球しましょう」と歓迎のメッセージを語りました。 


 

この記事の続きは統一教会公式HPをご覧ください。

 

Posted by on 2013年1月4日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*