梶栗玄太郎会長を偲んで(2)横井捷子


統一教会公式HPに掲載された記事を紹介します。

 


梶栗玄太郎会長 横井捷子さん(43双)
 
 
 
 梶栗玄太郎さんが、当時「下北沢」(東京都世田谷区)にあった本部教会に通って来るようになった1963年頃の青年時代の話です。梶栗さんは、小豆色のような不思議な色のスーツをいつも着ていて、とにかくスッキリした顔立ちの男性だったのをよく覚えています。
 
 
 
 ある朝、東京・八王子から電話がかかってきました。電話は梶栗さんの「霊の親」である前川浩子さんからで、梶栗さんと2人で一晩中歩いて、下北沢から八王子まで行ってしまったというのです。
 
 
 
 梶栗さんは教会で「復帰原理」の講義を聴く中で、様々な霊的な体験をされていました。例えば、「ノアの洪水」の部分では、洪水が押し寄せて来る中に自分が巻き込まれていくような場面に遭遇したのです。
 
 そのようにして原理講義をひととおり聴き終わり、梶栗さんが前川さんと2人で教会の外に出たところ、街の中は昼間なのに暗く、全くの灰色でゴーストタウンのように見えたそうです。通りを行き交う人々は、みんな蛇のような、死んだ人のような目をしていました。霊的に見るとそのように見えたというのです。

 


 

この記事の続きは統一教会公式HPをご覧ください。 

 




coded by nessus
Posted by on 2012年12月27日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*