梶栗玄太郎会長を偲んで(1)大江益夫


統一教会公式HPに掲載された記事を紹介します。

  


国際ハイウェイ財団理事長・大江益夫 

 

 梶栗会長に初めてお目にかかったのは今から46年前、1966年夏期・関西地区修練会で原理講義を受けた時でした。梶栗大阪教会長(当時)の講義の中で初めて聖霊体験を味わい、松本ママからも「高校生でも教会を立てた人がいる。貴兄も頑張りなさい」と言われ京都教会に入教しました。

 

 早稲田の学生時代、大学祭で勝共研究会の発表をする時、多くのアドバイスを受けました。新宿の西口広場の群集の中で、独りマイク無しで勝共講義をされる梶栗会長の姿に感動したからです。それがご縁となり以後40年にわたるご指導を受けることになりました。

ihf-index-front-p0001

 


 

この記事の続きは、統一教会公式HPをご覧ください。

 




coded by nessus
Posted by on 2012年12月27日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*