梶栗玄太郎・日本統一教会会長が聖和


統一教会公式HPに掲載された記事を紹介します。

  


 梶栗玄太郎会長

 梶栗玄太郎・日本統一教会会長が、2012年12月26日午前6時10分、聖和(逝去)されました。享年75でした。

 

 梶栗会長は、2009年7月13日に徳野英治・前会長が辞任したのを受けて、同年7月14日、第12代日本統一教会会長に就任されました。

 

 梶栗会長は就任後、日本統一教会の社会的評価や信頼を高めていくために、教会の組織強化を図り、牧会者および信徒の信仰指導、後輩育成のため尽力されました。

 

 


 

詳細は統一教会公式HPをご覧ください。 

 

★追記

 梶栗会長の帰歓式と聖和式は、東京都渋谷区の本部教会礼拝堂において、以下の日程で執り行われます。

 帰歓式:2012年12月27日(木)午後6時~

 聖和式:2012年12月28日(金)午前8時30分~

 

Posted by on 2012年12月26日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*