クリスマス晩餐会


天基3年天暦11月12日(陽12.24)午後5時天正宮でクリスマス晩餐が開かれました。 今回の晩餐には真のお母様と文・享進世界会長、文・國進財団理事長をはじめとする真のご家庭内外貴賓をはじめとする韓国と日本の成和学生たちと大学生など400人余りが参加しました。

 

アン・ホヨル局長の司会で進行されたクリスマス晩餐行事では、真のご父母様の入場、敬拝、開会宣言、ソン・ヨンソプ会長の報告祈祷、真のお父様聖和100日映像上映、ソク・ジュノ協会長の歓迎挨拶、ヤン・チャンシク会長の、乾杯、晩餐、お孫様をはじめとする2世局、大学局、日本、清心、天井宮で準備した公演、贈り物奉呈、贈り物交換式、敬拝、真のご父母様退場、閉会の順に進行されました。

 

ソン・ヨンソプ会長は‘新しい時代基元節が60日残った中で「中断のない前進!」をスローガンにこの地に天一国創建を成し遂げることができる基点になる決意の時間を許諾してくださって、勝利的基元節の準備に万全を期するように助けて下さい。’と報告祈祷を捧げました。

ソク・ジュノ協会長は‘真のご父母様の特別恩赦でクリスマス晩餐に参加することになった。 真の愛の中で私たちは今日一つの家族だ。 すべての人類がイエス様誕生以上に百倍千倍ご父母様のクリスマスを喜ばなければならないだろう。 そういう日を操り上げることができる私たちにならなければならない。 和合と統一! 心情文化共同体を感じることができるこのような席を用意されたお母様に感謝申し上げます。と歓迎挨拶の言葉を伝えました。

 

この日クリスマスイブ公演行事ではお孫様をはじめとする大学局の原理研究会中央学生会、鮮文(ソンムン)大学校伝道団、2世局で準備した韓国ソンハク子供合唱団、天福宮成和学生、ソンジョン留学生の公演に続き日本千葉ソンハク合唱団、清心の公演、天正宮の公演など9チームの公演が進行されました。

 

(この文章は公式翻訳ではありません)

元記事:http://www.tongilgyo.org/tongil/index.php?document_srl=222231 (要ログイン)

翻訳:kakitaro

 

 

Posted by on 2012年12月25日. Filed under トピックス, 真の家庭. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*