ウエスト・ユース・クワイアが聖なる讃美、クリスマスコンサートを開催


12月24日、統一教会西東京教区の青年で構成されるクワイアである「ウエスト・ユース・クワイア」のクリスマスコンサートが、杉並公会堂にて、1190名の会場を満員にして開催されました。コンサートには、教会員やその家族、友人知人などのほか、一般参加者もたくさん集まりました。聴衆は、その清らかで若くて伸びのある歌声にしばし魅了されていました。

ウエスト・ユース・クワイアは、今年で結成5周年を迎え、同コンサートは今年で3回目となります。合唱する曲は、讃美歌、古典宗教曲、ゴスペル、クラシック、日本唱歌、世界の名歌、オリジナル曲など、レパートリーも幅広く、いずれも本格的に取り組んできたものばかりです。杉並教会・武蔵野教会の青年を中心とするクワイアは、毎週日曜日の礼拝讃美を主軸に、年3回の伝道コンサートや合唱連盟主催の「東京合唱祭」への出場など幅広く参加、過去4回の教会本部主催の聖歌隊コンクールでは連続優勝した実力を誇ります。

そんな中、今年のコンサートの大きな特徴は、同じ西東京教区の小学生「誠愛鮮鶴(ソンハク)合唱団」、中高生「西東京鮮鶴合唱団」も友情出演したことです。小学生の合唱団は毎年の全国合唱コンクールで金賞を受賞し続けているほか、中高生の合唱団も、2011年第12回の全国合唱コンクールで最優秀賞を受賞、3月の韓鶴子総裁来日時には合唱を披露するほどの実力を持ち合わせています。9月の文鮮明先生聖和式には、韓日合同合唱団の構成メンバーとして加わりました。コンサートの最後は、小・中・高・青年の合同合唱団となり、日本人が大好きな第九(ベートーベンの交響曲第九番)の大合唱が行われました。

以下は、コンサートの中で披露された楽曲の一覧です。
・聖なる聖なる         ・しずけき祈りの
・神の御子にますイェス     ・Ave Maria(アヴェ・マリア)
・KYRIE(キリエ)     ・いざ起て戦人よ(男声ア・カペラ)
・朝の日差しが/いつも笑顔で  ・成約聖歌メドレー(混声ア・カペラ)
・I’ll never leave you(女声合唱)
・光るこの地(混声ア・カペラ) ・ふるさと
・希望の未来へ(誠愛鮮鶴合唱団)・白い馬(誠愛鮮鶴合唱団)
・歓喜の光(西東京鮮鶴合唱団) ・明日に渡れ(西東京鮮鶴合唱団)
・Jupiter~純潔~(West Youth Coir)
・孝心III(West Youth Coir)
・交響曲第九番(合同合唱)
 

司会のあいさつと楽曲の説明 混声合唱で讃美歌「聖なる聖なる」

男性ア・カペラ「いざ起て戦人よ」 混声ア・カペラ「成約聖歌メドレー」

女声合唱「I’ll neve leave you」 小学生の「誠愛鮮鶴合唱団」友情出演

中高生の「西東京鮮鶴合唱団」友情出演 ウエスト・ユース・クワイアが歌うJupiter

120名の合同合唱団で「第九」を大合唱

           ☆              ☆
 

「ウエスト・ユース・クワイア」のこれまでの活動実績については、公式ブログ West Youth Coir をご覧ください。

今回のコンサートより前、2012年11月に開催された原理大復興会で披露された「ウエスト・ユース・クワイア」の歌声は、原理大復興会の中でウエスト・ユース・クワイアが讃美したすばらしい歌声と朗読をご覧ください。

中高生「西東京鮮鶴合唱団」が2012年3月の韓鶴子夫人ご来日時に合唱を披露したようすは調布教会ホームページの記事韓鶴子女史をお迎えした訓読会で合唱を披露をご覧ください。




coded by nessus
Posted by on 2012年12月25日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*