基元節勝利の為の2世特別集会


天基3年天歴10月29日(陽12.12.水)基元節勝利のための統一教2世真のご父母様特別集会が420人の統一教機関企業体関連2世が参加する中、天正宮2階チャペル室で開かれました。

クォン・インソン2世局長の司会で始まったこの日の2世集会はソク・ジュノ協会長の歓迎の言葉、天一国国家斉唱、家庭盟宣、ユ・ギョンソクUPF事務総長の報告祈祷、真のご父母様の入場、花束奉呈、贈り物奉呈、真のお母様のみ言、統一教摂理機関関連2世職場別挨拶および敬拝、職場別和動会、青年連合ユ・ギョンドゥク会長の万歳三唱、閉会宣言の順に進行されました。

 

真のご父母様のみ言では、真のお母様は壇上から降りてみ言を下さいました。

 

―真のお母様のみ言要約―

 

自分だけのための愛でなく全体のために愛さなければならなりません。感謝した心を持ってこそ平和がきます。心に平和がきた時に拘束のない自由がきます。2世はそれを分からなければなりません。

再臨のメシアを迎える前には霊界は暗黒でした。真のお父様が蕩減復帰時代を完了して、天一国時代の門を開いてくださいました。基元節は天一国を出発する日です。天地がこわれる日ではありません。その時まで私たちの責任があります。
全世界が天一国民になる前まで私たちは休んではいけません。始めもしなくてどのように実を結ぶことができますか?

 

2世は今中心に立っています。皆さんは今皆さんの環境創造が必要です。誰かが代わりに作るのではなく皆さん自らが環境を創造しなければならなりません。もう環境創造は私たちがしなければならない時です。環境創造は‘伝道’です。イスラエル民族がイエス様を迎える準備をできなかったように今のキリスト教は再臨主が来ていた事実さえ知りません。70億人類を天一国の民に作ることが私たちが生まれた目的であり祝福です。皆さんが最大限の影響力を発揮して天と社会の前に誇らしい統一教の2世にならなければなりません。

今の方法では結論が出ません。食べること寝ること忘れて一日に一つの生命ずつ誕生させることができる私たちなのに
その仕事を怠けてはいけません。伝道を通じて生命を生かさなければなりません。私たちはできます。私たちは必ず勝利者となります。
誇らしい統一の2世の勇士になることを願います。

 

(この文章は公式翻訳ではありません)

元記事:http://www.tongilgyo.org/tongil/index.php?document_srl=222231 (要ログイン)

翻訳:kakitaro

 

 

 

 

 

 

Posted by on 2012年12月14日. Filed under トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*