久保木修己初代会長「聖和14周年追慕礼拝」を開催


統一教会公式サイトに掲載された記事を紹介します。

 

_______________________________

 

 聖和14周年追慕礼拝天暦10月29日(陽暦12月12日)午後、本部教会礼拝堂で「母奉士」久保木修己・日本統一教会初代会長の「聖和14周年追慕礼拝」が行われました。

 

 久保木会長は昭和6(1931)年、旧満州に生まれ、13歳で初めて日本の地を踏む。立正佼成会を経て、同37(1962)年に統一教会に入会。同39年、初代会長に就任し、平成3(1991)年まで28年にわたって会長として日本における神のみ旨を牽引。平成10(1998)年12月13日、享年67歳で聖和しました。

 

 藤原秀敏総務局長の司会で始まった追慕礼拝は、聖歌賛美の後、久保木哲子夫人がローソクに点火。

 

報告祈祷に続くビデオ上映では、1992年春にご来日された文鮮明師を迎えて行われた集会で、久保木会長が文師との様々なエピソードを披露する映像が流れ、会場は20年の時を超えて涙と笑いに包まれました。

 

_____________________________________________

 

この記事の続きは統一教会公式サイトをご覧下さい。

 

 

Posted by on 2012年12月14日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*