荻窪栄光教会に監禁されていたYC氏を救出にいった伊勢谷氏


拉致監禁by宮村の裁判記録ブログの記事の一部を紹介します。

 


 

先回YC氏の手記をご紹介しましたが、この手記に書かれている監禁事件が起きたとき、救出にいったのが、この陳述書を書いた伊勢谷俊昭氏です。 伊勢谷氏は、もともとはクリスチャンだったそうですが、この監禁事件後、森山牧師や宮村氏と面会し、その際、森山牧師に、監禁を是とする根拠が聖書のどこに書かれているのかと質問をしています。 森山牧師の答えもこの陳述書の中に書かれています。

また、YC氏の手記を発見した経緯についても簡単に書かれています。 この手記をはじめ、先回の口頭弁論で原告側から提出された証拠品の中には、伊勢谷氏が収拾したものが少なからず含まれています。

伊勢谷氏の拉致監禁をなくしたいという熱い思いが、20年以上のときを経て、証拠発見につながったのかもしれません。

 


 

この記事の全文は拉致監禁by宮村の裁判記録ブログをご覧ください。

 

Posted by on 2012年12月6日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*