【訃報】 宿谷麻子さん逝去


全国拉致監禁・強制改宗被害者の会サイトに掲載された記事を紹介します。

 


 

世界日報社撮影

 さる10月15日、被害者として拉致監禁問題と正面から闘ってきた宿谷麻子氏がクモ膜下出血のため逝去されました。享年48歳でした。

宿谷さんは、1995年に拉致監禁を伴う棄教説得を受けて統一教会を脱会した後、監禁状態で受けた過酷な虐待が原因でPTSDを発症。16年間にわたってアトピー、過覚醒、吐き気、悪夢、動悸、不眠などの症状で苦しまれました。

 しかし、 そのような状態にあっても、自分のような被害者を出したくないという一心で、拉致監禁・強制改宗という蛮行の撲滅のため毅然と立ち向かったのが宿谷さんでした。

 


 この記事の続きは全国拉致監禁・強制改宗被害者の会サイトをご覧ください。

 

また、以下も合わせてご覧ください。

後藤徹氏の追悼メッセージ

宿谷さんのHP

 

心より、御冥福をお祈り申し上げます。

 

 

Posted by on 2012年12月5日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*