統一運動ニュース(韓国)


テゴジョン·統一教会の宗教指導者親善サッカー大会、23日開催

 

 
▲文鮮明総裁の聖火式に弔問したテゴジョン総務院長一行。(写真提供:韓国宗教協議会)

韓国宗教協議会の主催で、宗教間の理解の場用意

[天地日報=イギルサン客員記者]テゴジョンと統一教会の宗教指導者が出席する”多宗教コミュニティのための宗教指導者親善サッカー大会(以下親善サッカー大会)”が来る23日午後2時に京畿道銅ワンスク体育公園サッカー場で開催される。

韓国宗教協議会(移動した会長)主催で開かれる親善サッカー大会はテゴジョンと統一教会がサッカーの試合で近所の宗教への理解と交流の場を設けて、宗教間の平和と和合のきっかけを作ろうと準備された。

この日の行事には、テゴジョン総務院長人工僧と統一教会ソクジュンホ協会長、韓国宗教協議会移動した会場を含めて、宗教指導者60人余りが出席し、テゴジョン僧侶たちと統一教会の牧師たちのサッカー競技が開かれる予定だ。韓国宗教協議会は、 “初めて開かれるテゴジョン‧統一協会親善サッカー大会は、多宗教社会である韓国宗教界のサッカー交流を通じて宗教間の平和を実践する温かさを見せるだろう”としながら”これからもっと多くの宗教が参加宗教間の理解と和合を開く大会に発展することを期待する”と伝えた。

 

 

——————————————————–

統一教会天宙平和連合7年、加平に2万人集まる

 

 【ソウル=ニューシース】キム·ジョンファン記者=天宙平和連合(UPF会長ユジョンロ)が創設7周年を迎え、24日午後2時京畿加平清心平和ワールドセンターで韓国大会を開催する。

天宙平和連合は2005年に米国ニューヨークで統一教会創始者文鮮明と妻の韓鶴子総裁が一緒に創設した。

国連経済社会理事会の特別諮問機関として194カ国に組織されている。韓国では、平和大使協議会と平和女性フォーラム、平和教育フォーラム、平和放送フォーラムなど10のフォーラムを運営している。国民への教育活動や国際交流と統一運動、北朝鮮同胞助け合い、多文化家庭のための分かち合いと奉仕運動を繰り広げている。

この日の大会には韓鶴子総裁、ユン会長、天宙平和連合のメンバー、平和大使など2万人が参加し、文鮮明化(圣和)以降中断のない平和運動を宣言する。ユン会長は、国際交流、南北統一運動、分かち合いと奉仕を通じた平和の世界の実装の ための行動計画を発表する予定だ。




coded by nessus
Posted by on 2012年11月23日. Filed under スポーツ・文化, ニュース, 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*