美しい光の中にいらっしゃったお父様


この記事は中和新聞速報版に掲載されたものです。

 


 香川教区高松教会 國長佳代子(三万家庭既成)

 私は一九九二年に三万双の既成祝福を受けました。両親と弟を伝道し、それぞれ四千万双(既成)と六五〇〇双の祝福を受けています。一人娘の文恵も二〇一〇年の「天地人真の父母定着完了10・14祝福式」に参加し、今は神奈川県で家庭を持っています。

 母は八年前に父を残して七十二歳で聖和したのですが、その後、霊界から時折メッセージを送ってくるようになりました。母は「真のお父様のお手伝いをしている」と言っていました。

 母からのメッセージは、昨年の春頃から特に頻繁に来るようになりました。メッセージは私が受けて、それを私が声に出して繰り返すというパターンが多いのですが、時には父や弟を通して来ることもあります。

 メッセージが来ると、額の辺りが痛くなるのですぐに分かります。私が「どなたですか?」と尋ねると、母は「山地トミコです」とはっきり名乗ってから話し始めます。

 メッセージの内容はとても具体的です。

 


 

この記事の続きは中和新聞速報版をご覧下さい。

 

Posted by on 2012年11月17日. Filed under できごと, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*