高村光太郎の詩『純潔』


純潔

高村 光太郎

純潔をまもってくれ、青年よ。

生まれてまだ二十年にもならないだろう青年は

まるで天からもらった水晶玉のようにきれいだ。

その純潔をまもってくれ、青年よ。

君の素直な生一本な精神を大事にしてくれ。

君の濁(にごり)に接せぬ體(からだ)を断じて汚すな。

面白そうな誘惑を軽蔑してくれ。

誘惑から君自身を守る事に興味をもってくれ。

自分の知らないような暗い事は

いさぎよく蹴飛ばしてくれ。

きれいでいる事のたのしみを知ってくれ。

天から貰った又と無い此の水晶玉を

むざむざ汚してはもったいない。

自分を高く考えてくれ、青年よ。

からだを汚すのは一切の不幸の初一歩だ。

青年期を必ずきれいに護り通して

のびやかに丈夫に晴ればれと大人になってくれ。

これが大人からの切なる願だ、青年よ。

(昭和15年9月20日作)

※ 一部、現代仮名遣いで表記しています。

Posted by on 2012年11月13日. Filed under コラム, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 高村光太郎の詩『純潔』

  1. 関根 輝夫

    高村光太郎 「道程」

    僕の前に道はない
    僕の後ろに道は出来る
    ああ、自然よ
    父よ
    僕を一人立ちさせた広大な父よ
    僕から目を離さないで守る事をせよ
    常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ
    この遠い道程のため
    この遠い道程のため

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*