書籍『有田芳生の偏向報道まっしぐら』出版


 9月20日に書籍『有田芳生の偏向報道まっしぐら 「とことん現場主義」が聞いてあきれる』が出版されました。

 

 そのまえがきにはこう記されています。

 

 「不可解なのは、失踪後、どのメディアも彼女の消息をつかめなかったにもかかわらず、有田芳生氏は失踪後の彼女の動静すべてを知っていたという点である。なぜ彼は山崎(浩子)さんの動静を知ることができたのか。その理由を明らかにするのが本書のテーマのひとつである」

 

 「有田氏の生い立ちからフリージャーナリストになるまでの半生を追いながら、彼の思想的背景や動機に迫っているのが、本書Ⅰの第1章、第2章である」

 

 「有田氏の書く記事、語るコメントは、“統一教会憎し”の感情がこもった偏向報道以外の何ものでもない。その実態に迫っているのが、第3章である」

 

 有田芳生という人物を知る上で必読の一冊です。

Posted by on 2012年9月28日. Filed under トピックス, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

3 Responses to 書籍『有田芳生の偏向報道まっしぐら』出版

  1. Pingback: 有田芳生 | 出会い お付き合いを真剣に考えている方へ

  2. Pingback: 有田芳生 | 電話占い  ピュアリ

  3. Pingback: 今日のインフォメーションです。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*