できごと

西田公昭のマインドコントロール理論の欠陥

更新日:

日本のUPF事務次長をしている魚谷さんのブログ「洗脳」「マインドコントロール」の虚構を暴くが更新されました。

以下、一部抜粋して紹介します。

「さて、日本において最も本格的に「マインド・コントロール」について研究し、論文や著書を発表している人物が西田公昭氏です。彼は立正大学の教授で、『マインド・コントロールとは何か』(紀伊國屋書店、1995)という本を出版しています。『信じる心の科学:ビリーフ・システムとマインド・コントロールの社会心理学』といったような論文を出しており、「ビリーフ・システム」の社会学というテーゼを出しながら、いかにも学問的な体裁を繕うことで『マインド・コントロール』に学問的価値があることを訴えようとしている学者です。しかし、彼の研究にはさまざまな欠陥があることが分かっています。」

続きはこちら→西田公昭理論の欠陥

-できごと

Copyright© familyforum , 2020 All Rights Reserved.