臨時便まで浮かしても…日本の参拝客航空券なくて焦り<세계일보>


http://www.segye.com/Articles/NEWS/CULTURE/Article.asp?aid=20120909021790&subctg1=&subctg2=

 

入力2012.09.09 20:22:32、修正2012.09.09 20:22:32

今週の連休まで重なった航空券を入手する”わざ”
大韓航空・アシアナ航空”1万4000席緊急投入”
一部の信者たち”バット方だとも入手して葬儀室探す”

“韓国に行くことができる方法がありますか?

” 文鮮明統一教総裁葬儀室を直接検索する、日本の参拝者が航空券を手に入れることができなくて足をばたばたさせている。一部の参拝客は空路支えよう海路で足を向けている。航空会社は一時基を含め1万4000席余りを投入するなど、緊急支援に乗り出しているが力不足だ。

9日、統一教会側によると、海外で統一教会京セラが最も大きい日本で参拝期間3万人以上の信徒が文総裁の遺体安置所を見つけると、既に通知した状態だ。しかし、このうち相当数はまだ航空券を手に入れることができなくて焦がれている。

さらに、文総裁の聖和式翌日の15日から17日(敬老の日)までの三日間は、日本の連休期間なので航空券の入手が”空の星を取る”違わないのが実情だ。

大韓航空はその場しのぎで7日から定期旅客機の一定割合の座席を参拝客用に割り当てられている方法で総7500席をサポートしています。参拝客が大挙して押し寄せるように見える13〜18日、東京と名古屋、岡山〜仁川路線に臨時便15回(4400席)を追加投入する計画だ。アシアナ航空も13日から東京と成田〜仁川路線に臨時便8回(1800席)を投入する。

大韓航空の関係者は”需要が増える場合臨時便を増やす予定”としながら”文総裁の聖和式円滑に進めるように最大限支援する計画だ”と説明した。

海外の参拝客が滞在している京畿道加平統一教会泉州清平修練院、日本事務局の関係者は”すでに入ってきた参拝客の多くは、定期的に修練に参加するために事前に航空券を予約しておいた人々 “と”10日以降航空券の購入が容易ではない”と伝えた。日本では月平均4000人ほどが修練などのために清平修練院を探しています。

統一教会側は国·地域別に参拝客を分散させている。特定の日に参拝客が殺到するのを防ぐためだ。日本の場合、一日平均3000人程度に制限したが、参拝初日(6日)は、航空券を確保できず、1000人にとどまった。それさえも大韓航空が座席サポートに乗り出し、先週末から一日2500人程度が殯所を捜している。

大阪出身坂口日出子(53·女)氏は、 “所属教会で70人が参拝を申請したが20人しか票を求めた”としながら”残りは釜山(プサン)·済州行きの航空券を調べている”と話した。彼は国内の航空会社が臨時便を投入するという言葉には”現地に連絡なければならない”と喜んだ。

一部の参拝客は来るだけ丸一日かかる航路も厭わない。千葉県出身の千葉(53·女)氏は、 “所属教会の信徒33人が参拝を希望したが15人しか票を求めた”としながら”知人何人かはベトピョンを調べている”と伝えた。

ベトピョンを介して清平聖地を訪問した経験がと明らかにした彼は、 “海上待機時間を含めて25時間程度かかる”と話した。

加平=ジョヒョンイル記者conan@segye.com




coded by nessus
Posted by on 2012年9月9日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

3 Responses to 臨時便まで浮かしても…日本の参拝客航空券なくて焦り<세계일보>

  1. JO HIDEYUKI

    聖火式ではなく聖和式ではないでしょうか?

  2. FAMILYFORUM.JP

    JO HIDEYUKIさん

    コメントありがとうございます。 聖和に修正しておきました、

    この記事は機械翻訳となりますので、正しくはリンク先にてご確認ください。

    よろしくお願いします。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*