キム·ジョンウン弔意文、韓鶴子総裁北招待も


“文総裁·金主席の関係忘れることができない” <세계일보>

入力2012.09.09 18:53:05、修正2012.09.09 18:53:05
 
キム·ジョンウン1委員長弔意文
韓鶴子総裁北招待も
 
聖和した文鮮明統一教総裁の息子であり、聖和委員長である文亨進統一教会世界会長が1泊2日の日程の平壌訪問を終えて8日午後、京畿道坡州(パジュ)の都羅山南北出入国事務所を通じて帰還した。
 
7日の夜、平壌では北朝鮮の張成沢国防委員会副委員長が、世界平和センターに設けられた焼香所を直接訪ねてキム·ジョンウン国防委第1委員長の哀悼の意を込めた弔意文を文世界会長に渡した。金第1委員長の名前の花輪も伝達した。

北実勢張成沢条文た文亨進会長文亨進統一教会世界会長(左)が7日、平壌(ピョンヤン)世界平和センターに用意された文鮮明総裁の焼香所でキム·ジョンウン北朝鮮国防委員会第1委員長に代わって弔問に来た張成沢国防委員会副委員長から弔意文を提供されてている。
統一教会提供
 
文世界会長の訪朝を実行していたパク·サングォン平和自動車社長は8日、帰還直後、南北出入国事務所で取材陣に対し、 “第1書記が平壌世界平和センターに設置された焼香所をチャトジンなかったが、代わりに章副委員長と金養建労働党統一戦線部長が訪問して金第1委員長名義の花輪を文世界会長に渡して慰めた “と明らかにした。
朴社長は引き続き”章副委員長が殯所を尋ね金第1委員長の弔意文を直接読んだ”とし、 “弔意文には、文総裁と金日成主席の関係は忘れることができない。胸が痛む思いという本気の追悼の内容が含まれていた”と伝えた。北朝鮮はまた、文総裁の夫人である韓鶴子総裁を招待するという意思も伝えた。
 
パク社長は”北側から”機会があれば韓鶴子総裁と一緒に訪問して欲しい”、”いつでも来られるようにする”と言った”と話した。
 
金第1委員長が焼香所を直接検出ないことと関連し、統一グループの関係者は”金第1委員長が父金正日国防委員長の上を行ったかどうかまだ1年が経っていない時点で、韓国人の殯所を訪問するのは公序良俗伝統が強い北朝鮮社会では難しいことだと聞いた”と話した。また、 “金第1委員長が忙しい日程に水害現場もまだ見つからなかったが、韓国人殯所を直接訪問することは、多くの点で負担になると了解を求めてきた”と付け加えた。
 
統一グループによると、7日夕方には、金の第1委員長の準備に用意された上宴会も開かれた。この日の上宴会は午後7時、万寿台議事堂で、文総裁の祖国統一賞授与式が終わった後、午後9時から三時間の間、統一グループが所有する普通江ホテルで開かれた。この席には金養建部長、ウォン·ドンヨン統一戦線部副部長、メンギョンイルアジア太平洋平和委室長をはじめとする北朝鮮高官と文世界会長の親戚、平和自動車·世界平和センター職員が参加した。
 
ギムミンソ記者
 
 
😥    😥    😥
 
 
 
韓国세계일보の特集ページも随時更新されています。リンク先の見出しをクリックしていただければ詳細がご覧いただけます。
古い記事に関しても下部の番号を選択してください。(ブラウザのお気に入りに追加されると便利です。)
記事を見ながら、文鮮明総裁の生前の業績を讃えていきましょう。
 

『文鮮明天地人真の父母様天宙聖和』 (韓国세계일보) (web翻訳入り)




coded by nessus
Posted by on 2012年9月9日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*