牧師直筆の拉致監禁マニュアルが公開された


後藤徹さんの民事裁判で被告となっている松永牧師が、自ら記した拉致監禁マニュアルが裁判の資料として提出されました!

 

詳細: http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-115.html

 

この資料の中には拉致監禁・脱会説得の方法が事細かに記されています。

筆跡からして、松永牧師が記し、これを使って後藤さんを監禁していたことは疑う余地がありません。

このような決定的な証拠を前に、裁判所がどのような判断を下すのか注目です。

Posted by on 2012年8月15日. Filed under トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*