大型スーパー、メッコール成長に注目


登録日:2012-08-13午前11:24:32

有機大麦を使用など、お客様にアピール

最近の飲食部門では健康ブームが持続されることによって豆乳とミネラルウォーター、冷蔵果汁飲料などの躍進を見せる中で連続的に売上の伸びが行われる炭酸飲料であるメッコールが目を引いている。

ロッテマートによると、2000年比で10年後の2011年飲料の売上高を比較してみたとき、その他の飲料群は、売上高の割合が大きく増加した中で炭酸飲料は、約27.1%から12.4%の構成比が半分以上下落した。しかし、一和のメッコールの場合炭酸飲料にもかかわらず、昨年同期間比2011年にロッテマートの売上額が約38%成長した。

これは、飲料の飲用動向と健康を志向する消費者の嗜好に適切に対応して差別化を図ったメッコールの戦略が成功したからだという分析だ。メッコールは、1982年に発売して麦炭酸製品のリーダーでたゆまぬ愛を受けており、今年初めから炭酸飲料の限界を克服した健康飲料として生まれ変わっている。

2010年メッコールの主原料である大麦を天恵の地である全羅南道康津郡との契約栽培を使用して純国産有機麦を使用しており、今年6月に生産工程を改善し、より新鮮な味をお客様にお届けすることができるようにリニューアルしました。新しくリニューアルされたメッコールは無人産,無カラメルエキス,無カフェインの3無と純国産有機大麦使用で、より豊かな味を特徴的に打ち出している。

一和の関係者は”生活パターンや食生活の変化による、ファーストフードと遺伝子操作食品(GMO)の氾濫は、健康的な生活と幸福を追求する現代人の欲求を満足させる不足しているのが現実”と”有機農法で栽培した製品であるため、安全な食べ物を求める消費者の関心を引くものとみられる”と述べた。

 

🙄    🙄    🙄

 

日本国内でのメッコール情報は以下から




coded by nessus
Posted by on 2012年8月13日. Filed under トピックス, ニュース, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*