一和、 “カフェコナクイーンズ”でコーヒー専門店事業に進出


NewsTomato(入力:2012-07-30午後3:48:43) から:

 

ニューストマトチェスングンギジャ]麦の炭酸飲料 “メッコール”で有名な一和が、コーヒー専門店事業に進出する。

 一和は18日、ソウル三清洞の3層構造で延べ床面積210㎡、約80席規模の “カフェコナクイーンズ(caféKONA QUEENS)”をオープンしました。
 
 
 
一和はこれまで飲料や高麗人参など、主に製造業に重点を置いてきたが、今回のコーヒー専門店事業を新たな成長動力にして、企業運営に活気を吹き入れるという覚悟だ。
 
現在運営している三清洞1号店は、パイロット店舗での一和、海外事業部で担当しているが規模が拡大すると、別の法人を設立する案も検討している。
 
“カフェコナクイーンズ”は、 “From farm toCafé”というブランドコンセプトに一和と、ハワイで運営している15万坪規模のハワイのコナ・コーヒーファームで培養されたコナ(KONA)品種の生豆を独自に供給されて使用します。
 
主力製品であるコナコーヒーは、ジャマイカのブルーマウンテン、イェメンモカといっしょに世界3大コーヒーとして知られ、ハワイのハワイ島、コナ地方のみで栽培されている貴重な品種である。
 
また、年間生産量が約500トンに限定されて、その品質と希少性から、世界中のコーヒー愛好家たちに愛されている品種である。
 
価格は、一般的なコーヒー専門店のアメリカーノに対応するレギュラーコーヒーの場合、4500ウォンに似ていますが、100%ハワイアンコナコーヒー豆を使ったコーヒーなど一部の品目は、相対的に高く策定した。
 
サイドメニューにはケーキとベーカリー製品を販売して夏の特別メニューでパトビンスド準備している。加えて、一和で生産する天然炭酸水などの飲料製品も販売する。
 
一和の関係者は “コナ品種の限られた生産量でしばらく店舗展開ではなくコナコーヒー愛好家たちの評価と意見を取りまとめた後、店舗拡大とマーケティングの参考にする”とし “”カフェコナクイーンズ “で直接栽培した豆を当日ロスチンヘ販売するほどのコーヒーの味と新鮮さを武器に、既存のコーヒー専門店と差別化する計画 “と明らかにした。
 
 – 経済専門のマルチメディアニュース通信ニューストマト



coded by nessus
Posted by on 2012年7月31日. Filed under ニュース, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*