メッコールよりもビタミンの少ない “ビタミンウォーター”の屈辱


記事入力 2012-07-18 17:36 (記事はこちら)。以下は抜粋。

ビタミンが多く含有された広告の一部の製品のビタミン量が炭酸飲料メッコールに含まれるビタミンの量より少ないことが確認され非難が起きている。名前からして、ビタミン飲み物で点を強調しているグルラソビタミンウォーターの場合250mLあたりのビタミンCの量は37.5㎎である。

マッコール
▲メッコール成分表記。250mLあたり75㎎のビタミンCが含有されています。

驚くべき事実は大麦入りメッコールのビタミンC含有量がこれらよりもはるかに多いということだ。メッコールに含まれるビタミンCは、250mLあたり75㎎にオレンジジュースとレモネードはもちろん、ビタミンウォーターに含まれるビタミンC量を大幅に上回る。果実酒やビタミン飲料よりも炭酸飲料が健康に有害だという考えを覆す結果だ。




coded by nessus
Posted by on 2012年7月19日. Filed under ニュース, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*