世界会長ツイッター2012年7月18日(水)


訓読会 み言を語る時 ある時は私も話が詰まって内容が思いつかなくて前が真っ暗な時もあったものです。ですからみ言を準備する時は沢山の練習と訓練が必要なのです。そうすれば余裕を持つようになってそこで創造が出てきます。顔の表情が内容と和合して呼吸を合わせなければならないのです。

Posted by on 2012年7月18日. Filed under 世界会長ツイッター. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*