全南大拉致事件、被害者Lが心境告白 “真実を明らかにしてください”


タイムニュース(記事入力:2012年07月17日21時48分 )

 

全南大拉致事件、被害者Lが心境告白 “真実を明らかにしてください”

 

(以下はweb翻訳です)

連日インターネットを熱く焼いている “全南大拉致女事件”の被害者であるLの量 “の直筆の手紙”が登場して論難の真実かどうかの攻防が加熱されている。

 

被害者Lの量は17日、自分のTwitterを使って “全南大裏口から暴漢に拉致された被害者です”というタイトルの直筆の手紙を直接上げ、SNSやオンラインコミュニティを介して急速に普及している。

 

自筆の手紙の内容は、 “本意と違って、国民に心配をかけた点は申し訳ない”とし “私の苦闘と絶叫を聞いて危険を冒して助けてくださった方に感謝申し上げる”と伝えた。

 

続いてLさんは “拉致当時暴漢に頭をつかまれ、腕がねじれながらおじさんに頬を打たれ、悪口を聞いた”と当時の状況を説明した。

 

また、拉致のプロセスについてLさんは “どのような警察からの助けを受けられなかった”とし、 “調査に乗り出した警察が腕組みだけして見ているのが現実だ”と伝えた。

 

全南大拉致事件被害者イムヤンの自筆の手紙の内容

 

これは多少交錯した反応を見せたネチズンたちは、SNSを通じて、 “全南大被害女性の手書きで書いた文です。拉致の過程でハイジャック犯と警察との通話というのに、警察とぐるではないかという疑惑がイルグンヨ。RTお願い “、”全南大拉致事件は、警察の傍観の中にずっと起きたこと “、”全南大拉致事件?人権蹂躙の現場? “、”全南大拉致された被害者が監禁状態から脱出し、記者会見を開いて真実を明らかにしたそうです。警察が発表した内容とは違うと。 “、”こうなれば、宗教的な問題というよりは、深刻な人権蹂躙ですね “などの多少ギョクブンドゥェン反応を見せた。

 

一方、 “全南大拉致事件”は、現在の警察と被害者の陳述がズレに応じて、今後の事実の有無による警察の捜査方法に対する批判を避けて行くことは難しいと思われる。




coded by nessus
Posted by on 2012年7月18日. Filed under ニュース, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*