2012ピースカップ水原(スウォン) 、開幕秒読み…”サッカーで世界平和を “


2012ピースカップ水原(スウォン) 、開幕秒読み…”サッカーで世界平和を “

* 19日開幕、サンダーランド·ハンブルク·フローニンゲン·城南…優勝カップ置いて激突

記事入力[2012-07-16 15:27]、記事を修正[2012-07-16 16:20]

アジアトゥデイファンボヒョン記者= ‘2012ピースカップ水原 “が開幕秒読みに入った。


ピースカップはサッカーを通じ、国家間の理念と思想を克服し、肌の色や文化の壁を越えて平和を実現しようという次元で、2003年創設されたクラブサッカー対抗戦である。

2007年国際サッカー連盟(FIFA)から認められたピースカップは、2003年に始まり、2年ごとに現在の5回大会まで払った。

‘2009ピースカップアンダルシア ‘以後3年ぶりに水原(スウォン)で開かれる今回の大会は4チームが優勝カップを置いて激突する。イングランド·プレミアリーグ(EPL)サンダーランド、オランダエールディヴィジのフローニンゲン、ドイツブンデスリーガのハンブルグ、そして韓国のクラブチームではシン·テヨン監督が率いる城南一和参加する。

19日の開幕戦は、城南一和とジドンウオンが活躍しているサンダーランドが、20日にはソンフンミンのハンブルクとソックヒョンズンが携わっているフローニンゲンが対戦する。各競技の勝者は22日、決勝戦で会う。

ソンフングミン、ソックヒョンズンなど”海外組の参加目立つのね”

2012年ロンドンオリンピックのためにホン·ミョンボ号に乗船したジドンウォン(21 ·サンダーランド)の不参加がやや惜しいが、ソンフングミン(20·ハンブルク)、ソックヒョンズン(21·フローニンゲン)が久しぶりに国内舞台に姿を現す。

最近所属チームでの訓練中に仲間と殴り合いをしたソンフングミンの問題もなく大会に参加する。チームの懲戒を受けると予想されるピースカップ出場は100%だ。ピースカップに出るハンブルクは、契約書を書くとき、ソンフンミンウイ出場を約束した。

15日、ドイツのキールで開催された4部リーグホルシュタイン州キルグァの親善試合に出場したソンフングミン45分を消化して実戦感覚を引き上げた。ハンブルクは、125年の間ただの一度も降格されたことがないほど底力があるチームだ。

ソックヒョンズンの参加も目立つ。1991年の同い年のジドンウォンと青少年代表時代からのライバル関係を形成した。しかし、残念ながら、今回の大会での二人の対決は見られなくなった。ソックヒョンズンは、今回の大会での活躍で一段階跳躍を誓っている。

フローニンゲンは1921年ユニタス、ラピド·ディ·ス2チームが統合され設立されたチームで、1971年から今の名前であるフローニンゲンを使用しています。特にクエマン(フェイエノールト監督)、スアレス(リバプール)、ロッベン(バイエルン·ミュンヘン)などを輩出した選手の成長には一見識があるチームだ。

サンダーランドのオニール監督特有の粘着性があるサッカーで、着実にEPL中位を維持しているチームである。昨シーズンステファン細かくニョンを中心とした若い選手たちが活発な動きに宣伝し、地動ウォンの得点でリーグ優勝チームマンチェスター·シティを撃破する底力を見せた。
 
オニール監督は、EPLのアストン·ヴィラを率いる2009年当時、チームピースカップ優勝に導いた事があって個人的には2回連続優勝を狙う。

自尊心回復を狙う城南

シン·テヨン監督が率いる城南は、今回のピースカップを機会に復活に乗り出す。城南はKリーグ最多(7回)の優勝を誇るが、ピースカップ優勝だけはまだして見られなかった。

2003年に初代大会で城南はオリンピック·リヨン(フランス)、ベシクタシュ(トルコ)、カイザーチプス(南アフリカ共和国)と一緒にA組に属したが決勝進出に失敗し、2005年の大会ではオリンピック·リヨン(フランス)、アイントホーフェン(オランダ) 、世界中カルダス(コロンビア)など強豪と対戦し、3戦全敗を喫した。

2007年と2009年の大会でも世界の強豪チームと対戦し善戦を繰り広げた優勝カップと縁を結ぶことができなかった。

シン·テヨン監督は、今回の大会で善戦を誓っている。ピースカップを契機に、現在不振に陥っているチームの雰囲気をリードしてKリーグでの反転を狙っている。

このため、シン監督は、セルビア出身のヨバンチチワハン運をエクスポートする代わりにレイナを空輸するなど、抜本的な移籍と獲得を介して慌しい、チームの雰囲気を新しくしました。

シン·テヨン監督は “まだピースカップ優勝がない。国内で行われるだけにホームの利点もあるだろう。今回もピースカップを通じて、選手たちの競技力を引き上げるとともに、リーグの雰囲気を反転させたい。ピースカップで必ず優勝したい “と出師表を投げた。
 

<ファンボヒョン記者hbh@asiatoday.co.kr>

{ⓒ ‘グローバル総合日刊紙’アジアトゥデイ}

 

 

 

[関連ニュース]

2012ピースカップ水原、Kリーグとヨーロッパリーグのスケール!   <スポーツワールド>




coded by nessus
Posted by on 2012年7月16日. Filed under スポーツ・文化, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*