強制改宗の拉致現場(韓国のネットで)


全南大学の近くで女性が拉致されたという記事が(韓国の)インターネットに掲載されて衝撃を与えている。
これは過去に、そして、現在もこの日本でも強制改宗を目的として行われている。面白いことに、この掲載記事が国民日報(キリスト教系)ということだ。

以下は記事(web翻訳)。

”悪! 助けてくれ! ”全南大裏話女性拉致事件?…一体誰が、なぜ日中のど真ん中で

2012.07.15 15:47

[クッキー社会]全南大学の近くで女性が拉致されたという記事がインターネットに掲載されて衝撃を与えている。

14日、あるネチズンは、ポータルサイトに “全南大裏話拉致事件の目撃者です”という文を載せた。このネチズンは、 “全南大学での教育研修を受けて出てきた中の女性の叫びが聞こえて動画を撮った”とし “最初は助けてくれという声はなく、誰に悪あげながら何て言ったようだ”と述べた。

ネチズンがあげた動画の中には黒の乗用車周辺に壮健な男性2〜3人の女性一人の車に急に乗せしようとする姿が収められている。 女性が “助けてくれ”と悲鳴を上げると、周囲の男性たちが駆け寄ったがすぐ車は女性を強制的に乗せて出発した。

この記事ではなくて、自分が直接バイクに乗用車をドィチョトアトダヌン他のネチズンの目撃談も寄せられた。 このネチズンは、乗用車に沿って高速道路まで進入、警察に通報したが、犯人を検挙するまでは見ていたと説明した。

この記事は、掲載されるとインターネットは盛り上がった。大多数のネチズンたちは昼間市内のど真ん中で女性が拉致されている光景に衝撃を隠せなかった。 “犯人はジャプヒョトナ”、 “一体どうした事なのか”などの反応も殺到した。

光州警察庁によると、この日拉致されたと思われていた女性は大学生イム(21·女)だった。 光州(クァンジュ)警察はもちろん、全南·全北警察まで総出動した事件は、捜査の結果、宗教にはまっていたイムさんは、自分の母親と知人の手に導かれて車に燃やされた後、全北井邑のおばあちゃん家で安静にしていたことが伝えられた。

しかし一部のネチズンたちは “女子大生が信じた宗教が代替何か”、 “警察の捜査結果を信じられない”、 “いくら親といっても拉致は拉致ではないか”、 “親が宗教改宗のために拉致を試みたようだ”などの主張を上げてももめた熱い論争を繰り広げている。

国民日報クッキーニュースチョ·ヒョンウ記者

 

[関連ニュース]




coded by nessus
Posted by on 2012年7月16日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*