「キリスト教界で異端セミナー」に警鐘


7日付News、韓国での強制改宗の裁判判決に関するものです。(web翻訳)

 

妻暴行シンピモ広州幹部(別名 “刺身”)、懲役1年執行猶予2年を宣告

登録日:2012-07-07午前8:26:32

 今年1月に妻がs教会出席の理由で眼鏡をかけた妻の顔と全身を無差別に暴行、全治6週間の傷害を負わせた夫L氏裁判所は先月27日、暴行、暴力行為等処罰に関する法律違反で懲役1年執行猶予2年を宣告した。

インターネットカフェで別名”刺身”として活動した夫Lさんは新天地被害者の会(以下シンピモ)団体に入って改宗相談者たちの誹謗や人身攻撃を聞いた後暴行はさらに深刻化したと伝えられる。

被害者この0ランシエよると、夫L氏は、教会を通う前から酒による常習的な暴行は続いており、これにより、数回、警察の届出は、受理されたことがあると伝えた。

夫Lさんは釣り用のナイフキッチンもを被害者に投げ、被害者が0ランシウイ左の腕をこれ聞いて暴行を加えるなど、拳と足で全身を殴打した。今年の初め、2月の場合は、眼鏡をかけた状態で、顔面と全身暴行で失明の危機を経験するくらっとする状況を経験したと伝えた。

被害者が0ランシヌン”愛を叫ぶする牧師、伝道師(改宗相談が)がただ教団が違うという理由で家族と夫に異端に陥ったという不安感を醸成させ、深刻な暴行に至らせることは、羊飼いの良心ではなく、 “伝えながら、宗教の自由を侵害して対立を助長している銘柄社にも司法の処罰を訴えた。

また、 “家庭内暴力の主体として使用されているシンピモヌン名の被害者の会であり、実際には被害を与える会なので、解体されるべき対象”と主張した。

一方、今回の判決については、強制改宗被害者連帯光州支部代表イム0場合、共同代表は、 “宗教の自由があるわが国でいくら家族でも教団が違うという宗教的な理由で、深刻な暴行に至ることはいかなる理由でも正当化できない犯罪であることを示した判決だ”と話した。

イム代表は深刻な家庭内暴力につながる理由の一つに”銘柄社の偽りの誹謗”による”宗教偏向的な異端セミナー”を批判した。

“現在のキリスト教界で異端セミナーでは、健全な宗教批判の自由を越えて事実と異なる相手の宗派を貶め、別の色彩論を作成社会的に埋葬させる行為”と指摘した。

 

 ——————————————————————————————————————-

日本でも異端セミナー「マインドコントロール勉強会」の企画がされているようですが、ファミリーフォーラムjp.記事からはその虚構が提示されています。要Checkです。

【参考記事】




coded by nessus
Posted by on 2012年7月7日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*