日韓トンネル推進釜山大会(7月4日)


BreakNews(記事入力:2012/07/05)から

日韓トンネル推進釜山大会

アジアの陸上物流、航空物流の中心、釜山を追求し

社)日韓トンネル研究会と釜山(プサン)の平和大使協議会が共同で主催した、日韓トンネル推進の釜山大会市大会が4日午後2時、釜山日報大講堂で韓国と日本の両国の推進委員と市民300人余りが一緒に参加した中に成功で開催されました。

……

日韓トンネル推進の釜山大会実行委員長カン·ギョンシク会長は大会発言で”人類は一家族という理想を実現するために、洋の東西を結ぶ壮大な構想として、国際ハイウェイを介して経済基盤を作って自由と平和と幸福を享受し、東北アジアを越えて、世界平和の礎になれるよう努力しよう”と協力を求めました。

続いて(社)日韓トンネル研究会共同代表(イヨンフム)は、主題講演し、 “今だ言葉で韓国と日本両国が経済力と科学技術を総動員して韓日トンネルを推進しなければならない時だ。日韓トンネルを介して、アジア、ヨーロッパ共同体が形成されることで、韓半島の平和統一のきっかけになるだろう”と説明しながら”そのためには、地域の指導者たちが先に日韓トンネルの価値と必要性を正しく理解し、国民運動として展開していく必要がある”と強調した。

また、 “日韓トンネルが建設された場合、北東アジア新時代を切り開いていく大動脈となって私たちの世代が次の世代に伝える最高·最大の土木事業になるだろう”と述べました。釜山市庁釜山市立美術館、クスコ、ヌリマルなど、釜山の高級建築物を設計してきたイヨンフム会長は、過去数年の間、釜山と日本を行き来して日韓トンネル推進に尽力している。

 日韓トンネルは日本九州で壱岐島、対馬を経て韓国に到着した235kmの通路を海底トンネルと橋で連結し、自動車、鉄道が往復することができる生活圏にし、今後、北を経由して、ロシア、中国まで接続しようという国際ハイウェイプロジェクトである。

1981年統一教会の文鮮明総裁が国際平和統一会議の席上で、日韓海底トンネル建設を提唱した後に、研究と議論が行われ、韓国と日本の両国とも積極的推進の意志を明らかにした明らかにした古くなった懸案中一つだ

特に日本の場合、去る1981年統一教会の文鮮明総裁の最初のオファー以来、 “日韓トンネル研究会”を組織し、韓日海底トンネルがあく場合、島国の孤立状態から脱して、大陸と接続することができるという判断の下、古くから韓日海底トンネルに心血を注いでいる日本側は、A路線(209km)、B路線(217km)、Cルート(231km)を提案し、積極性を見せた。

また、釜山発展研究院もD1路線(210Km)、D2路線(215km)を提示し、両国が日韓海底トンネル区間の地形解析から、建設期間、コストに至るまで、具体的な研究を進めてきた状態だ。

バクソンヨル大会実行本部長は、 “日韓トンネルの必要性と正当性を認識し、国民の共感を広げて支持を集めるために第一歩として開催された今回の大会を通じて、今後、国際ハイウェイの出発点になるだろう”と付け加え与えた。

 




coded by nessus
Posted by on 2012年7月5日. Filed under ニュース, 国際情勢. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*