日本人女性が国会前に “日本に代わって従軍慰安婦謝罪”


天地日報 2012年06月29日(金)13:26:40

日本人女性が国会前に “日本に代わって従軍慰安婦謝罪”

 


▲ 한국인과 결혼한 일본인으로 구성된 ‘역사 문제를 극복하고 한일 일체화를 추진하는 유지모임’ 회원들이 29일 오전 서울 여의도 국회의사당 앞에서 종군 위안부 문제에 대한 사죄에 앞서 ‘고향의 봄’ 노래를 열창하고 있다. ⓒ천지일보(뉴스천지)

 

 

 

 

 

‘역사 문제를 극복하고 한일 일체화를 추진하는 유지모임’ 40여 명 집회

[천지일보=임문식 기자] “제국주의 시대의 일본이 이웃나라인 한국에 씻을 수 없는 상처를 안긴 역사적인 진실을 분명히 알게 됐습니다.”

29일 오전 11시 30분 서울 여의도 국회의사당 앞. 일본인 여성 40여 명이 구호에 맞춰 일제히 고개를 숙였다. 종군 위안부 문제에 대한 사죄의 표시였다.

‘고향의 봄’ 노래와 일본곡 후루사또 열창이 끝났다. 마이크를 잡은 에리카와 야스에 씨는 “강제로 정신대(종군 위안부)라는 이름으로 먼 이국땅에 끌려갈 수밖에 없었던 분들에게 같은 여성으로서 그 참담한 입장을 위로해드릴 순 없지만, 일본에서 온 사람으로서 진심으로 사죄드린다”고 말했다.

에리카와 씨가 대표로 있는 ‘역사 문제를 극복하고 한일 일체화를 추진하는 유지모임’ 회원들은 이날 집회에서 종군 위안부 문제와 관련해 사죄의 뜻을 전하고 한일 양국의 우호 증진을 촉구하고 나섰다.

에리카와 대표는 “우리의 이 사죄가 과거 일본이 저지른 역사적인 죄를 씻기에는 너무나 부족하다는 것을 잘 알고 있다”며 “그러나 ‘이렇게라도 하지 않으면’이라는 양심의 목소리를 무시할 수 없었다”고 했다.

그는 중국의 군사력 증강에 우려를 표하면서 “아시아와 세계의 평화와 안전을 원하는 사람들에게 불안의 씨가 되고 있다”고 지적하고 “눈앞에 닥친 중국의 위협에 한국과 일본 양국이 힘을 모아 대처해 나가야 할 때가 아니냐”고 주장했다.

또한 “과거의 역사를 넘어 한국과 일본이 확고한 평화 동맹을 맺어 동아시아의 평화와 안전을 지키는 핵심이 되고, 나아가 역사적, 세계적인 대변혁기에 세계 평화의 초석을 구축할 수 있는 역사적 사명을 완수해달라”고 당부했다.

‘역사 문제를 극복하고 한일 일체화를 추진하는 유지모임’ 회원은 한국인과 결혼해 한국에 살고 있는 일본인 여성들로 대부분 통일교 신자로 구성돼 있다. 모임 관계자는 앞으로 참여를 희망하는 일반인으로도 모임을 확대할 계획이라고 했다. 향후 120일 동안 국회나 일본대사관 앞에서 1인 시위 등을 전개해나간다는 방침이다.

 




coded by nessus
Posted by on 2012年6月30日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

22 Responses to 日本人女性が国会前に “日本に代わって従軍慰安婦謝罪”

  1. Chizuko Addis

    米国在住の為、あまり多くの真のお母様の状況や、ごしじょ様のご様子をみることができないので、

    このサイトは本当に重要です。

    こちらでは、日曜礼拝でも、真のご家庭の様子を見せてくれることも、あまりないので、感謝です。

    • 龍丼(ドラゴン・ボウル)

      日本人女性が国会前に “日本に代わって従軍慰安婦謝罪”
      というトピックは非常に微妙な問題ですね。

      ところでこういう問題を取り上げるときその話し合いの場に参加するものの心得として前もって確認しておかないといけないことがあると思います。

      それが何を根拠にしてそういう行動に及んだかということ。
      そしてそれが事実に基づいているかどうかということ。
      さらにその行為が真実を説いているのかどうかということです。

      この三点を確認していく過程で新たな局面が現れることがあるとすれば、それに対して正々堂々と向き合い話し合う勇気を持つことが必要ではないかと思っています。

      一統一教会員としてアメリカ在住の食口として、そしてひとりの日本人として、あるいは天一国人として考えることが多くありますね。この問題に関しては特に。
      私たちは統一原理を理解することで食口になりましたが、ほかの真実には意識が向かないことがままあります。しかし意識がいかなくても真実は真実としてそこに存在するのであり、私たちはいろんな事実や真実と出会い、受け入れ、原理をさらに深く解釈していく必要があるのではないでしょうか?

      この問題に関して私があなた様に確認したいのは先の三点を検討する余地があるかないかということです。検討の余地がないなら話し合いはできません。そこであなたの中の真実は完結しているからです。
      そうではなく今まで真実と思われてきたこともまた別の観点で物事を見ると違った真実が見えてくるのではないかという心のキャパシティーがあるならば、話が広がり、深まっていくと思います。

      私はそういうふうに統一原理を世の中の現象からもっと深く学んでいきたいと思っています。
      いかがお考えでしょうか?

      • 杉並 太郎

        ドラゴン・ボウルさんの御意見に賛同いたします。
         
         大東亜戦争敗戦後、朝鮮半島は、南北(ソ連側と米国側)に分かれ、南朝鮮は米国が管理していました。
         その時、米国は日本の朝鮮半島での施策を調査し、記録に残しています。当然、慰安婦に関する調査もありました。

         日本軍の悪を徹底的に暴き、米国の戦争正当性を高めたい米国。
        聞き取り調査した韓国人男性達への質問 「日本軍は、朝鮮人女性を慰安婦に仕立てるため強制的に拉致・連行しなかったか?」 

        男性達の返答「そんなことは一切なかった。もしも、そんなことがあれば、国中で反抗の暴動が発生しただろう。」

         このような経緯を記載した記録が、50年の非公開期間を経過して、一般に公開されているようです。

         米国では、グレンデール市の慰安婦像撤去運動の署名活動が起きて、目下97,207人が署名。ホワイトハウスの見解が示される基準の10万人まで、残り2,793名です。

         在米日本人や日系米国人の方たちが、子供が言われなく苛められるのにも耐えかねてついに反撃の狼煙を上げ始めたようですね。

         しかし、「韓国の地では、日本人女性たちが罪を認めて謝罪している事実があるではないか。」と返されると一層の困難に直面してしまいますね。

         
         韓国に嫁がれた日本人女性の立場も理解できます。反日感情の渦巻く韓国の地では、子供さんの健やかな(安全な)成長のためにも「郷に入れば、郷に従え」しかないものと思います。また、善意に基づいて行動されてるものと思いますので、神様がよきに計らって下さることを願います。

  2. akishima shoyou

    歴史認識に対する立場は非常に微妙なものがあると思います。歴史的事実といったところで結局はそれを解釈する人によって大きく変わってくるのですから・・。

    また歴史の連続性から見ても、事実の背後関係を知れば知るほどな何故そうなったのかということに関して韓国の言うような一方的な見方だけではないと思えます。

    また慰安婦に関する戦後の補償問題に関しては法的には日本政府のいうように解決済みということになっています。

    しかし百歩譲って実際に被害にあった人がいまだ生存していることを考えれば、できる限りの補償や償いを、もっとしてもよいかもしれません。しかしそのことを実現するためにも相手を責め続けることだけでは何の解決にもならないと思います。

    被害を受けた人間がいつまでも許せないということを主張する限りにおいては問題は永遠に解決されません。

    キリスト教のもっとも中心的な考え方は許すことにあるといっても良いと思います。罪を犯した人間に謝罪と償いだけを要求することに救いはないからです。

    かつてアメリカで行った一大キャンペーン「許せ、愛せ、団結せよ」の精神はどこに行ってしまったのでしょうか?韓国の食口たちはこうしたことに何の関心も見せないのでしょうか?汗は地のために、涙は人類のため、血は天のためにと唱えたメッセージはどこに行ってしまったのでしょうか・・・

  3. 菅太郎

    従軍慰安婦問題、TFの指導によれば謝罪しなければならないのでしょう。しかし日本政府の立場としては、解決済であるし、強制連行を裏付ける資料は見つからない。
      竹島問題も、TFは竹島の警備兵を慰問しています。慰安婦問題も竹島問題も勝共連合は与党自民党支持ですからTFの指導とは対立してしまいます。
      TFがおっしゃられるのであれば摂理的な深い意図があるのでしょうから信徒としては指導に従うのが望ましいと思います。、、、、、、、が、日本人としては複雑です。
      ちなみに、TFの竹島慰問は「世界日報」では報道されなかったときいています。
     

  4. 歴史家

    杉並 太郎さんが

    >大東亜戦争敗戦後、朝鮮半島は、南北(ソ連側と米国側)に分かれ、南朝鮮は米国が管理していました。
     その時、米国は日本の朝鮮半島での施策を調査し、記録に残しています。当然、慰安婦に関する調査もありました。日本軍の悪を徹底的に暴き、米国の戦争正当性を高めたい米国。
    聞き取り調査した韓国人男性達への質問 「日本軍は、朝鮮人女性を慰安婦に仕立てるため強制的に拉致・連行しなかったか?」 
    男性達の返答「そんなことは一切なかった。もしも、そんなことがあれば、国中で反抗の暴動が発生しただろう。」

     このような経緯を記載した記録が、50年の非公開期間を経過して、一般に公開されているようです。<

    と書いているが、デタラメですね。歴史に無知なだけです。複数の間違いがあるので、順に見て行きます。

    ①>米国は日本の朝鮮半島での施策を調査し、記録に残しています<

    そんな記録は有りませんね。
    日本国は敗戦直後に、記録の約8割(という)を燃やしたので、記録はほとんどなくなった。
    もし米国が「朝鮮半島での施策を調査」したというならちゃんとその記録文書の名前を書くように。

    いい加減なことを書いてはいけない

    ②>当然、慰安婦に関する調査もありました<

    被害者がすでに知られていたり、名乗り出ていた場合は調査している。オランダや中国の桂林の事例はバタビヤ及び東京裁判の記録に残っているが、朝鮮半島に関する調査ではない。

    ③>日本軍の悪を徹底的に暴き、米国の戦争正当性を高めたい米国<

    暴くも何も、日本軍の悪事は、統一原理からも文師の自叙伝からも明らか。自叙伝を読んだことも無いわけですか?

    ④>このような経緯を記載した記録が、50年の非公開期間を経過して、一般に公開<

    加瀬 英明 たちが書いていた
    Composite Report on three Korean Navy Civilians List No. 78, dated 28 March 1945, “Special Questions on Koreans” (U.S. National Archives).

    の事を言っているなら、そんな資料は存在していない。当然、一般公開などなされていない。

    匿名だからと言っていい加減なデマカセを書かない事です。誰も知らなくても、神さまは貴兄がこれを書いた事をちゃんと知っている。
    嘘つきだという事も。

    そして「悪魔は最初から嘘つき」である。

    • toty

      お父様の言われている、日本の迫害というのは、
      主にキリスト教徒に対するものだと思います。

      3.11の独立運動の31人も、キリスト教系指導者を
      中心としていました。

      お父様も、元々キリスト教徒でしたから、
      迫害がきびしかったのは当然だと思います。

      それ以外の点においては、歴史的に検証しても
      日本の統治は、悪いものでなかったという証言、
      証拠が、たくさんあります。

      現に、今の韓国の繁栄は、日本の統治時代に
      確立したものです。

      宗教的立場から見た場合とそれ以外の事象から
      判断する場合とで、お父様と勝共連合の立ち居地の
      違いがあるのだと思います。

      全て一緒くたにして、物事を見ていることが問題です。

  5. 歴史家

    akishima shoyouさんのいう
    >被害を受けた人間がいつまでも許せないということを主張する限りにおいては問題は永遠に解決されません。<
    などという理屈はムチャクチャというしかないですね。

    少なくとも被害を与えた側がいうべき事ではない。

    日本政府が謝罪しないなら、象徴的にでも謝罪するのが当たり前。

    象徴儀礼が、霊的な意味を持っているのは「原理」が強調しているところです。

    ところで、教会の中では、「慰安婦」の霊について言われる大母様を敵視している右翼グループがいると聞きますが、そのグループの方ですか?

  6. 歴史家

    菅太郎さんの書いている事は、小さな間違いがあるだけです。

    >日本政府の立場としては、解決済であるし、強制連行を裏付ける資料は見つからない。<

    強制連行を裏付ける資料はたくさんありますよ。

    安倍政権が2007年に閣議決定した内容は、

    「吉田清治が書いたような、官憲が家に押し入って、無理やりつれて行くような狭義の強制連行は、政府が1993年までに日本政府が調査した公文資料の中には見当たらない」

    です。

    こんなピンポイント否定をしても、何の意味もない。

    93年までの公文以外なら、例えば94年にオランダ政府が日本政府に渡した8点の慰安婦資料は全て(狭義の)「強制連行」を裏付けているものです。
    また、山西省裁判では、すべての事例に対して、この言葉を使うとすれば(狭義の)「強制連行」を認めている。

    安倍政権による閣議決定の問題点は、①「あまりにも狭い範囲の否定をしている事」と

    ②「そもそも「狭義の強制連行」という言葉の定義も定かではないと言う事」です。

    せめて言葉を定義してから使っていただきたいものです。

    ゆえに、この閣議決定を意味あるものとして認めている外国は存在していません。オランダなんてカンカンになって、当時のバルケンエンデ首相が激怒し日本大使を召還して詰問しました。1994年には強制連行を示す資料を日本政府に送っていたのに完全に無視して「閣議決定」し、答弁したからです。

    ちなみに94年のこのオランダ資料は、米下院決議や欧州決議の源になりました。

    • akishima shoyou

      私の主張は人間性の最も基本的な有り様ににもとずいているだけです。
      原理は旧約、新約そして成約という表現で私達の位置ずけをしていますが、
      一人一人が人生をかけて戦っている大切な一つに天宙復帰の前に自己完成をなすことです

      自分が日本人であるとか韓国人であるとかという民族のレベルを超えなければ救いはあり得ないということだと思っています。

      アボジやイエス様が生涯をかけて戦ったのは愛による救いです
      慰安婦問題だけが恨みの根源ではありません。
      人類の歴史全体が悲惨な恨みの歴史ではありませんか

      少なくとも神の側に立つ私達がそう言った感情を乗り越え愛し許すことを始めなければ
      どこにも希望がないということを言いたかったのです。

      大母様に反対するグループが何をしているかわたしには全く関心がありません。
      象徴的に謝罪するべきと言われますが象徴よりももっと大切なことは直接謝罪することです。
      ご存知だとは思いますが、日本政府は今までも何度も謝罪をしています。
      小泉さんが総理だった時には一人一人に当てて謝罪の手紙を添えて送ったということではありませんか。

      加害者がいうべきことではないと言いますが、統一食口は民族の壁を超えて神の前に一つの家族であるということではなかったのですか
      被害を受けた人間がいつまでも許せないということを主張する限りにおいては問題は永遠に解決されない………という文脈がムチャクチャと仰いますが、この言葉はイギリスにいた時、み言葉を語ってくれたアボジの言葉です。

  7. >ご存知だとは思いますが、日本政府は今までも何度も謝罪をしています。
    小泉さんが総理だった時には一人一人に当てて謝罪の手紙を添えて送ったということではありませんか。<

    そんな事実はございません。

    もし、そういう事を主張するなら、ちゃんとソースを提示してください。間違った知識と思い込み認識から、間違った結論を出しておられるようです。

    橋本氏や小泉氏の謝罪の手紙はアジア女性基金によるお見舞い金を受け取った方にだけ渡されており、韓国では4分の1にすぎない。東チモールや台湾の方々は被害者として認定さえされていないのに謝罪した、手紙書いたとか言い張っても意味がないですね。
    それどころか歴史教科書から慰安婦を削除していたのが、小泉政権下で起った事であって、それで「ワシは謝罪した」と言っても誰がそれを謝罪と受け取るのか?むしろ誤魔化しとして受け取るでしょう。

    政府が公式謝罪したと受け止められているのは、河野談話ぐらいですが、安倍氏を含む勢力により攻撃されている事は外国の方さえ知っている。

  8. ヨスの鷹

    従軍慰安婦に対する謝罪の問題は、日本政府がすでに2回も謝罪したにもかかわらず(巨額の賠償金とともに)謝罪要求する韓国側に頭をかしげざるおえないので、この記事にも少し違和感があります。

  9. 剣山

    私は、この問題から、UCの歴史観に疑問を持ち始めました。
    今月5日6日の両日の朝日新聞の朝刊で報道されたように、朝日新聞自ら誤報であったと認めたことにより、朝日新聞や吉田清治の証言を根拠としてきたことが、根拠が間違いであったことにより、従軍慰安婦問題自体が崩れ始めました。

    会員の皆様は、どのように受け止められたのでしょうか?

    日本は、強制連行までして、慰安婦を作り上げたように、信じてきたことが、根底から崩壊したように思います。

    戦後のWGIPによって、自虐史観を植え付けられて来た日本人、そこで、登場したのが、従軍慰安婦問題、多数の日本人が中国大陸、満州、朝鮮半島、東南アジアや太平洋の島国にて戦うようになりました。

    多数の日本人が展開したのだから、強制連行もあったのでは?

    上記のようなことと、朝日、吉田清治の話によって、やっぱり日本軍は強制連行して、従軍慰安婦を仕立てたと思われたのではないかと、推察します。

    教会では、日本は残虐非道な国民と思えるような話をされますが?

    私は、この問題を考えた時、自分自身や自分の家族、自分の親戚を見渡しましたが、そのような、非道に走るような人はいません。

    この記事を読まれる方も、考えてみてください。
    ご自分の周りに、残虐非道な人たちがいますか?

    その後、資料を集めて確認を行いましたが、日本軍が強制的に連行したことはない。

    また、講演会で、兵士の方に直接、話を聞きましたが、そのようなこと(強制連行)はなかった。と聞きました。

    大東亜戦争は、ルーズベルトと蒋介石により引きずり込まれた戦争です。
    ここの読者の方々は、日本の名誉を守るために、歴史を学ばれていますでしょうか?

    日本が、なぜ戦争に参戦したのか?知るべきと思います。

    勉強の結果、ルーズベルトは日本を攻撃するために1938年5月20日のAM4:00に熊本県、宮崎県に爆撃を飛ばしています。これは、熊本県、宮崎県で確認されています。

    これでも、日本は1941年12月8日の真珠湾攻撃から始めたと思っている方がおられるかもしれません。
    実際は1938年から始まっています。アメリカによる経済制裁等で。

    戦後、GHQによる、自虐史観および、反日史観教育等の影響もあり、日本が悪ったと思わされてきた、日本人。

    これは、日本のすばらしい、文化や伝統を破壊して、個人主義を展開するアメリカの戦略であったのです。

    • radar site

      私も剣山さんの意見に賛同します。
      私自身、この事件が発端で、教会での歴史認識について興味を持ち始めました。

      調べて行けば行くほど、事実でないことが出てきます。

      >日本は、強制連行までして、慰安婦を作り上げたように、信じてきたことが、根底から崩壊したように思います。<
      そうですね。しかし、慰安婦話が崩壊すると困る人がいると思います。

      >戦後のWGIPによって、自虐史観を植え付けられて来た日本人、そこで、登場したのが、従軍慰安婦問題、多数の日本人が中国大陸、満州、朝鮮半島、東南アジアや太平洋の島国にて戦うようになりました。<
      WGIPについて:アメリカは、日本を脅威と考えていたのではないかと思います。
      そのために、日本に対して止めの原爆2発が投下されましたが、日本は焼け野原になり、すべてがなくなっても、戦後19年で東京オリンピックを成功させ、さらに高速道路、新幹線をデビューさせました。

      さらに、1970年の万博を成功させました。

      >多数の日本人が展開したのだから、強制連行もあったのでは?

      上記のようなことと、朝日、吉田清治の話によって、やっぱり日本軍は強制連行して、従軍慰安婦を仕立てたと思われたのではないかと、推察します。<
      数多くの日本人及び朝鮮人日本兵も居ましたからあったのではないか?と思う気持ちよくわかります。
      絶対ないとは言えないからです。資料がないからです。しかし、この根拠もありません。
      故に、多分あったのではないかと思う気持ちに、吉田証言が乗って、あったと思うようになったと思います。
      まず、自国を信ずることでしょう。他国の話を信じて、自国の話を信じられないことほど悲しいことはない。吉田自身が、日本人ということはないですよ。吉田氏本人は高校の時に死亡したと書かれているのです。小説を書いたのは背乗りの朝鮮人と考えています。根拠は吉田が24歳の時に20歳の朝鮮人を養子にしていることです。どう考えてもおかしい!

      >教会では、日本は残虐非道な国民と思えるような話をされますが?

      私は、この問題を考えた時、自分自身や自分の家族、自分の親戚を見渡しましたが、そのような、非道に走るような人はいません。<
      私も同感です。

      >この記事を読まれる方も、考えてみてください。
      ご自分の周りに、残虐非道な人たちがいますか?<
      居ません。

      >その後、資料を集めて確認を行いましたが、日本軍が強制的に連行したことはない。また、講演会で、兵士の方に直接、話を聞きましたが、そのようなこと(強制連行)はなかった。と聞きました。<
      私も、従軍された兵士に聞いたことがありますが、無かったということです。

      >大東亜戦争は、ルーズベルトと蒋介石により引きずり込まれた戦争です。
      ここの読者の方々は、日本の名誉を守るために、歴史を学ばれていますでしょうか?<
      学んでいます。
      加瀬英明・ヘンリー・S・ストークス書 『なぜ、アメリカは対日戦争を仕掛けたのか』より、
      セオドア・ルーズベルトは、日露戦争までは、日本に好意をいだいていたが、日本がロシアに勝つと、日本を、アメリカがアジア太平洋において持っていたフィリピン、グァム、ハワイなどの領土や、中国大陸にあるアメリカの権益に対する、新たな脅威とみなすようになった。

      ルーズベルト政権が、日本に敵対する政策を打ち出したのが1936(昭和11)年の事だった。

      >日本が、なぜ戦争に参戦したのか?知るべきと思います。

      勉強の結果、ルーズベルトは日本を攻撃するために1938年5月20日のAM4:00に熊本県、宮崎県に爆撃を飛ばしています。これは、熊本県、宮崎県で確認されています。<
      マーチンB10爆撃機 航続距離が短かったので、爆弾を搭載できなかったので、爆弾の代わりにビラを落とした。

      >これでも、日本は1941年12月8日の真珠湾攻撃から始めたと思っている方がおられるかもしれません。 実際は1938年から始まっています。アメリカによる経済制裁等で。<
      そうです。

      >戦後、GHQによる、自虐史観および、反日史観教育等の影響もあり、日本が悪ったと思わされてきた、日本人。

      これは、日本のすばらしい、文化や伝統を破壊して、個人主義を展開するアメリカの戦略であったのです。<
      戦後、日本はすさまじい勢いで復興してまいりました。それが、今の日本です。

      この日本はすばらしいので、在日の方々も日本に密航してきたとは言えずに、連れて来られたと言ってこのすばらしい国日本で生活しているではありませんか?

      もし、いやなら、韓国へ帰れば良いだけです。

  10. 風の又三郎

    韓国挺身隊問題対策協議会(かんこくていしんたいもんだいたいさくきょうぎかい)は日本軍の慰安婦問題を解決するために結成された韓国の団体。略称は挺対協。常任代表は尹美香。ソウルで戦争と女性の人権博物館を運営しており、ソウルの日本大使館前で毎週水曜に慰安婦への日本政府の謝罪と誠意ある対応を求めてデモ(水曜デモ)などを行っている Wikipedia より
    この代表夫と妹が北朝鮮のスパイ活動で有罪となっています。日本と韓国を分断するための活動に統一教会の一部の人々が知らずに参加した悲しい記事です。このデモをされた動機は単純なものかもしれませんがリーダーの方は統一教会に与えた影響「マイナスにどのように責任を取る覚悟でしょうか?得るものより失うものがあまりに大きいと思います。

  11. radar site

    責任?
    おそらく責任なんて考えていないでしょう?

    ただ単純に、日本は蛮行をしたと、根拠もなく思い込んでいる。
    根拠らしきと言えるのは、16万名従軍慰安婦についての話を、確認もせずに、鵜呑みにして
    日本は悪かったと一方的に信じてきたことに、問題があります。

    ねつ造による謝罪が、どんなことになったのか、考えていただきたい。

    ねつ造→日本の女性(国民)が認めた。ように韓国では報道されたのではないかと危惧します。
    ねつ造による既成事実化にまんまとはまった訳です。

    今後の根拠は、従軍慰安婦は無かったと日本は行っているが、日本人とりわけ、韓国に住んでいる日本の女性が従軍慰安婦があったと、認めているではないか?実際に謝罪したではないか。

    日本人であれば、日本を客観的に見ることが必要ではないでしょうか?

    この、フォーラムには、謝罪に参加した方もおられると思います。
    また、知り合いの方にも参加された方もおられると思います。

    剣山さんの投稿より
    >私は、この問題を考えた時、自分自身や自分の家族、自分の親戚を見渡しましたが、そのような、非道に走るような人はいません。<

    私の周りを見渡しても、このような話を聞きません。

    参加された日本人および、黙認している日本の方々の周りには、このような従軍慰安婦を見た方がおられるのでしょうか?

    おられたら、日本国政府に情報提供すれば良いのではないでしょうか?
    日本国政府はすぐに動きますよ。福島瑞穂は飯の種ですから、すぐに行動を起こします。

    日本国民ならば、まず日本を信じましょうよ?
    感情論に乗せられるのではなく、一日本人として、本当にそうだったのか?
    考察する必要があるのではないでしょうか?

    私は、そのように思います。

    私は、一日本国民として、あのような謝罪行動を起こした、方々に、失望の念が堪えられません。
    あの謝罪の写真は、韓国政府にっとっては、日本の女性謝罪した唯一の証拠写真です。

    写真に写った人は、ことあることに、言われ続けるのではないかと推察いたします。

    子供たち、孫たちの前で、私は、ねつ造の従軍慰安婦の謝罪デモをしたのだと胸を張って言えますか?

    良く考えてください。

  12. radar site

    本日、Will11月号が従軍慰安婦特集でしたので、買ってきました。

    「ソウルで慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を求める統一教会信者の日本女性ら」

    写真が載っていました。

  13. nonname

    食口の中にも、まともな意見を持っておられる方がおられることに安心しました。
    アメリカによって作られた自虐史観に左右されることなく、これからもがんばって運動を進めていきましょう。

  14. radar site

    河野談話の作成には、韓国政府から提出された「16名の被害者とおぼしき女性」の資料を基に、聞き取り調査を行いました。

    常識的に考えるなら、韓国政府としては、「被害者とおぼしき女性」によって従軍慰安婦が存在したと確信しなのではないでしょうか?

    その資料を基に、日本国政府は、アメリカの国立公文書館、日本の国会図書館等の関係各省からの資料を精査した結果、そのような事実はありませんでした。

    16名の調査結果を調べればわかることですね。
    調査当時は、本人の人権等に配慮して公開されませんでしたが、産経が入手した資料によると、日本軍による『強制』を示すモノは無かった。

    当時の石原官房副長官の証言でも明らかです。

    政治判断として(本当は、無かったことなのに、韓国のメンツを立てるために)、韓国政府に配慮して、玉虫色の文書を作成して発表した。

    これが、事実ではないですか?

    このような外交をしているので、韓国や中国からは、日本は、『無かった事』でも、「有った、有った、有った・・・・・・・・・・有った」と繰り返せば、日本国民は煽動されやすいので、

    最初は無かった。そんなに有ったと言うのなら、ひょっとして有ったのでは?さらに、有ったと言われれば、やっぱりあったのでは?そこに、証言が加われば、やっぱり有ったと思い込む。

    日本国政府は隠ぺいしていて、韓国の可哀想な人たちの事を考えない、非情な国であるのではないかと、自国を信じられなくなって行く、その結果韓国政府や「被害者とおぼしき女性」の話こそ真実であると思い込むようになる。

    これを、当事者でない国から見ていると、日本国民を誘導するためには、このようにすれば誘導可能と見えるでしょう?

    皆さんも、私も含めて、世界からこの日本はどのように評価されていますか?

    『すばらしい国、日本』

    私は、この日本に生まれることができたことを誇りに思います。

  15. 名無しの平和主義

    日本人女性のコリアン慰安婦への謝罪心から感謝する。コリアンも軍事的性暴力であるランタイハン被害者謝罪にしたいと思う。日韓台越米で女性はものではないし慰安婦ライタイハン等戦時性暴力根絶女性LGBTsの人権を訴えてゆき慰安婦説明碑慰安婦像強制連行被害者像民主の像平和の像を増やして人権博物館等を増やしてゆきたい。日本は人身売買が後を絶たないと共謀罪を検討しているがそれは人権侵害であり集会結社の自由言論表現の自由を侵害しており共謀罪は不要であり人身売買を無くすなら外国人実習生度や在留者差別解消.ベーシックインカム等貧困の人へのセーフティネット充実を図る方がよっぽど良い。北朝鮮のミサイルを迎撃出来ないどころか味方をうち人を殺す不良品のPAC3やマクワウリ被害を増やし北朝鮮のミサイルを迎撃出来上に上に中国と韓国の友好を潰そうとするMDシステム等不要であり軍など韓半島のどこにも日本のどこにもアメリカのどこにも要らない。暴力や武力や異論排除で平和は作れないしむしろ暴力や武力を無くすことが平和を作る。沖縄やチェジュにおける米軍の性犯罪慰安婦犯罪を根絶するには軍事同盟を廃止軍を廃止し非核化し非暴力平和隊.国際救助隊中心の非暴力で平和を作る社会構築が不可欠だ。
    日本は慰安婦軍事的性奴隷性暴力犯罪を国家及び企業ぐるみでしていたことは事実。軍を動かせるのは政府ぐらいなもんだからな。悪質企業の人身売買業者を野放しにしていたのも政府だ。

  16. 名無しの平和主義

    人身売買を無くすなら外国人実習生度廃止風俗廃止軍廃絶しかない。
    公権力による人権侵害を助長する共謀罪等不要である。
    また韓半島の統一と民主化を妨げ戦時性暴力被害者である挺身隊女性をスパイ扱いして不当に拘束する時代錯誤の反共政策をやめ国家保安法を廃止せよ。
    日本政府は原発情報や安保情報等国民が知るべき情報を隠蔽し世界の非核化非軍事化非暴力化の流れに逆行する軍国主義政策歴修正主義政策をやめよ。
    軍事目的が明らかで金で女性の人権を奪おうとする国際人権規約国際人権基準に反する日韓合意に断固反対する。
    慰安婦像を政府は違法というが日米韓政府の武器輸出武力行使核政策韓国徴兵制日米安保法集団的自衛権駆けつけ警護による殺人及び殺人幇助そして侵略及び人道に対する罪は力による中国政府としてることが変わらない弾圧であり現状変更であり国際法に反し違法ではないのか。制裁の名を借りたコリアン差別迫害も金正日政権の独裁を間接的に幇助しており北韓の餓死者が増え民主主義を妨げる政策で人道に反するな。日米韓市民の慰安婦像は人権を求めており人道に合致するが日米韓原発再稼動.輸出や日米韓政府の武器輸出武力行使核政策韓国徴兵制日米安保法集団的自衛権駆けつけ警護中国北朝鮮敵視政策は人道にも反し違法で違憲だな。

  17. John

    多くの方が既に述べている様に、慰安婦問題はねつ造である。
    これは、江利川女史が主導されたと理解しているが、
    かつて文鮮明師も、慰安婦問題に関し「今は何も言ってはいけない」と釘をさしたと聞いている。
    このイベントは支持出来ない。

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*