マイケル・ジャクソン、韓国に特別な感情


中央日報が、マイケル・ジャクソンが韓国に特別な感情を持つていたといった記事を載せました。

記事によると、88年に統一教会がマイケルジャクソンやその兄弟を韓国に招待して、公演を依頼していたとのことでした。

インタビューに答えたのは、「マイケル・ジャクソンの真実」を記したタラボレッリ氏です。

88年の公演は結局だめになりますが、その時のマイケル・ジャクソンが韓国に対して特別な思いを抱くようになり、最後の世界ツアーをソウルで行うきっかけになったとしています。

 

「ポップの皇帝」マイケル・ジャクソン、韓国に特別な感情

Posted by on 2012年6月26日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*