鮮文大”グローバルブリッジ事業”選定


韓国大学新聞 ・他  2012.06.11

鮮文大”グローバルブリッジ事業”選定

 

[韓国大学新聞ホンヨジン記者]文台は、教育科学技術部が主催する2012 “グローバルブリッジ事業”に選定された。

鮮文大(総長ファンソンジョ)は、教育科学技術部のグローバルブリッジ事業の全国で1ヶ所を選定する “グローバル·リーダーシップ”の分野に選定された11日、発表した。

この事業は、ますます増加している国内の多文化の学生の潜在能力を積極的に啓発し、グローバル人材として育成するためのカスタマイズされた教育プログラムを提供します。6月から2014年2月まで2年にわたって運営されて鮮文大は1次年度に1億1000万ウォンを支援される。

0教育対象者は、各地域の学校からの推薦を受けた学生たちだ。△言語力△学習能力△人·適性検査などを事前評価加害最終選抜する。また、社会的弱者配慮のために低所得層や農村·漁村地域の学生を優先選抜する予定だ。

必修科目は、△自己発見とアイデンティティの確立、教育△グローバル市民教育△グローバルマインド·グローバル·リーダーシップ教育△1 PLUSバイリンガル英才教育△青少年進路探索教育△創意的体験教育△国際交流を通じたグローバルな人材の教育などである。学期中の週末と休みを利用して合計330時間の集合教育とサイバー授業は、国内および海外の英語キャンプなどが行われる。

ファンソンジョ総長は、 “多文化家庭の2世代と3世代の若者たちを韓国社会の制度圏の中でポヨンヘ韓国的文化と、グローバルマインドを兼ね備えたグローバルリーダーとして養成することになった”とし”特に大学の資源を地域と共有して地域の発展のためのジュサンハク(住产学)のコミュニティを最大化できるようになった”と明らかにした。

教育科学技術部の2012年グローバルブリッジ事業は△グローバル·リーダーシップの分野(1校):鮮文大△数学·科学分野(4校):ソウル教育大·韓国教員大学·全北大学·大邱大学△言語分野(1校):漢陽大△はい·チェヌン分野(1校):竜仁大が選ばれた。

 

 




coded by nessus
Posted by on 2012年6月11日. Filed under 教育・留学. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*