世界を駆け巡る韓バレリーナ、6月の故国の胸に抱かれる


文鮮明総裁自叙伝『平和を愛する世界人として』にも登場の世界的バレリーナ・姜秀珍(カンスジン)の話題。
 

世界を駆け巡る韓バレリーナ、6月の故国の胸に抱かれる

‘カメルリアレディー’のカン・スジン,“私が最も愛着を感じる作品だ”
 
 
▲バレリーナカン·スジンの足。

 

(ニュースカルチャー=ソン・ヒョンジ記者)
桃色トーシューズ中にただれた足の指写真を見たことがあるのか?  白鳥のように表面には優雅だが中では皮膚が裂ける苦痛を耐えてきたバレリーナの足だ。 写真一枚で感動を抱かせたバレースター‘カン・スジン’が故国を探す。 プリマドンナで所属しているドイツ,シュツットガルト バレー団の代表作品‘カメルリアレディー’を10年ぶりにリリースするためだ。
 
 
≪続く≫



coded by nessus
Posted by on 2012年6月2日. Filed under スポーツ・文化, トピックス, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 世界を駆け巡る韓バレリーナ、6月の故国の胸に抱かれる

  1. Pingback: [インタビュー] 世界的バレリーナ カン・スジン | 統一教会員の合同ニュースブログ familyforum.jp | ファミリーフォーラム

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*