宗教界 – 新天地、真剣勝負… “真実”の前に正面対決


宗教界 – 新天地、真剣勝負… “真実”の前に正面対決

▲新天地はこの日、マスコミの偏向·歪曲報道を糾弾して記者会見を開催した。参加者はシュプレヒコールを叫んでいる。行き来するすべての記者たちを招待し、多くの記者たちが参加して席がビジョプアトダ。ⓒ天地日報(ニュース天地)

 ……

新天地公開記者会見… “記者の良心をかけて事実だけでは報道してほしい”

キリスト教連帯とは異なり、新天地は、先に開かれたキリスト教連帯取材を終えて出てくる記者たちにプレスリリースを配って取材を要請するなど、記者会見の内容を全面的に公開した。

このような要求にも多くの宗派かは、新天地の記者会見を取材していなかった。新天地側の記者会見の内容は、キリスト教連帯が新天地を “反社会的団体”と疑惑を提起したことに対する反論だった。

この日の新天地チェヒョンウク総務は “”家出、暴力、監禁、横領 “などをした系で主張するが、2007年、これらの疑惑を盛り込んだMBC PD手帳放送後、訴えを当該警察と検察の強力な捜査を受け、すべての項目で無嫌疑判決を受けた “と話した。当時MBC PD手帳は、この番組放映後に虚偽の内容を認めて訂正報道を出した。脱税疑惑と関連して税務署の調査結果を提示して全く疑いがないと明らかにした。

まま総務は、 “新天地聖徒の家族が”監禁 “して”暴力 “を行使することを助長し、新天地信徒が”家出、離婚 “をするように助長しているのが強制改宗教育を日常的に行う悪質な牧師だ”と反論した。

宗教界、言論に対する批判も相次いだ。彼は “事実確認もせず、虚偽·歪曲報道を日常的に行うメディアの行動は、すぐに是正されなければならない”と批判し、 “親や家族をサジュヘ強制改宗教育に連れて来るようにする牧会者の誤りを指摘し暴くマスコミはどこにもない。悔しく人権を蹂躙される人も “異端に陥った狂信的な”程度に見下している “と糾弾した。

この日の強制改宗教育の被害者と明らかにしたイムウンギョン、ジャンジュヨウンさんが出て改宗教育現場経験談を打ち明けた。これらは “愛する家族を利用して強制的に拉致して監禁して教育を受けることにしたという事実が最も大きい影響である”とし、 “改宗教育者を処罰するためには、我が国の法では、家族を先に訴えるべきなのに、家族を告訴しないことを知って家族を利用するパリョムチボムであり、家族を告訴すれば、道徳的に問題がある人と罵倒する “と吐露した。




coded by nessus
Posted by on 2012年6月1日. Filed under ニュース, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*