[鮮文大]国際化を超えて、多文化をリードする大学として


韓国大学新聞から:

65カ国1200人の留学生…世界の人々が集まる世界的なキャンパス

ジヨクデ唯一”政府招請外国人奨学生研修機関”
スペインとなど、さまざまな外国語教育で世界の人養成

   

大学の国際化を先導してき鮮文(総長ファンソンジョ)は、グローバル教育の新しい地平を開いている。多国籍の外国人留学生の割合1位の大学で、 “小さな地球村”とも呼ばれる鮮文大は、これまでの能力を結集して今では、多文化教育をリードする大学も成長しているのだ。

■グローバルキャンパスインフラストラクチャがっちり…外国人寮の新設も=現在の鮮文大で勉強している外国人留学生は77カ国1030人余りにのぼる。鮮文大の姉妹校提携をした外国の大学は39カ国、122の大学で、国内の大学の中で最大規模だ。

これらを収容して教育するために、しっかりとした国際化インフラストラクチャを備えている。外国人留学生に最も必要なのは、寝食問題だ。鮮文大は、外国人留学生を受け入れることができる “グローバル寮”を備えている。ソンファハクスク(寮)は、最近14階建ての建物2棟が新築され、既存の2400人から3600人余りで、収容人数が大幅に増えた。これは学生比42%収容率で全国の私立大学の中で最も高い。学校の寮だが、まるでマンションのような設備を誇る。

新築されたソンファハクスク部屋は2人1室、3名1シルイミョ専用バスルームとトイレはもちろん、共同で利用できるセミナー室と閲覧室·トレーニングルーム·ランドリー·テクベシル·カフェテリアなどを備えている。また、外国語ゾーンを運営していますが、ここでは、英語·日本語·中国語の専用スペースが用意されています。ここに入った瞬間、その言語のみを使用する必要があります。

外国人留学生のための体系的な生活への適応プログラムにも目を引く。4年目運営されている留学生と韓国の学生を一対一指導形式で接続された “G(Global)-School制度”が代表的だ。これは、留学生活の中で発生する韓国語と専門の勉強、文化の違いなど難しい点を克服する上で韓国の学生と外国人学生たちが自然に友達になってお互いに助けを与えるの双方にとって好都合プログラムである。週2回の出会いを通じて、留学生は他国の生活の困難を克服し、韓国の学生たちは、その外国語をより容易に学ぶことができる。

   
 

■’1年は海外で”国内初披露した3 +1制度=文大は、国内で初めて3 +1制度を導入した大学である。3 +1制度は3年は国内で1年は海外現地で勉強しているシステムである。現地の大学で2年生の2学期から3年生の1学期に外国語の姉妹大学で1年間派遣し、団体(学科)に現地の教育を受ける。4年の1年、海外での専攻語学教育を受講し、鮮文大の4年生を受講後、卒業する。

3 +1の教育を受けた学生は4年以内に休学をしないし、卒業して、時間の節約と教育の効果が非常に大きい。その学生は鮮文大の学生として学籍をそのまま維持して定期的に鮮文大の授業料を納付し、鮮文大は、大学で一人当たり指定した範囲内で、現地の大学の学費を支援してくれる。現地宿泊費など生活費は本人が負担する。

現地の大学で​​取得した単位を鮮文大の専攻と教養の単位として、一学期最大18単位まで認定する。

また米国チウィセンサ受験資格を取得できる共同学位プログラムも鮮文大の強みである。国内初のチウィセンハクウイ元祖格であるアメリカのブリッジポート大学との共同学位プログラムを開設した。3年間鮮文大チウィセンハクグァエソ授業を受けた後1年の間アメリカのブリッジポート大学チウィセンハクグァ(Dental Hygiene)で定められたコースを修了すると、米国チウィセンサ受験資格を与えられます。1年間の現地教育を受けて、その国での資格試験を受験することができ、市内の就職も可能だ。このコースを修了した学生たちは、鮮文大の学士号とアメリカの大学の専門の学士号を同時に取得することができており、反応が高い。

■ジヨクデ唯一韓国語教育院…多文化教育の中心=文大は、様々な国際化プログラムで培ってきた教育ノウハウをもとに、多文化教育にも力を注いでいる。国内居住する多文化人口が120だけ超えて、これらを教育する大学の責任感も高まっているからだ。

鮮文大韓国語教育院は、多文化教育の中心地になる見込みだ。鮮文大韓国語教育院は1989年3月開院した。現在までに1万5017人が入学して世界のあちこちで鮮文大と韓国を知らせている。長い伝統をもとに、優れた能力と豊富な経験を持つ教員、外国語を堪能に話す行政職員、多様な優れた韓国語教材と教育プログラム、最新の教育設備を備えている。

韓国語教育院は2012年度入学生が321人、入学者の国だけ57カ国である。文部科学省から韓国語研修プログラム支援大学として選定されて韓国語の教材を、現在の中国の大連出版社、北京大学出版部を介して版権契約を結んで出版している。また、モンゴルの教育放送で鮮文大の派遣講師が私たちの教材で韓国語講座を進行するなど、鮮文大の多文化教育は、すでに世界で認められている。

これは、国内でも実証されている。教育科学技術部 “国立国際教育院”で行われる政府招請奨学生(NIIED)韓国語研修運営機関事業に2008年以来、6年連続で選ばれた。特に2012年度、全国190余りの韓国語研修機関政府招請外国人奨学生研修機関として選定された大学は、鮮文大·梨花女子大·慶煕大のたった3ヶ所に過ぎない。地域の大学の中では唯一の文大が選ばれたのだ。

鮮文大は、外国人学生の多文化教育だけでなく、韓国語教師の養成にも力を入れている。韓国語教師短期養成コースを開設し、国内外から優秀な韓国語教師を輩出している。これまで国内外の韓国語教育の修了生が1689人(2012年3月現在)である。これらは、多文化教育に貢献しながら韓国を広報する役割を同時に果たした韓国の地位を高める民間外交の役割までしています。

   
 

<この学科を見ると、鮮文大国際化が見られる>
3 +1制度の運営されている”スペイン中南米学科”

鮮文大は3 +1という制度を最初に、また積極的に実現した大学の一つだ。その中でも、スペイン、中南米学科は3 +1の最も効果的かつ忠実に運営しています。

スペイン中南米学科は40人定員のうち、毎年、多くは30人以下は20人程度を、メキシコグアダラハラ国立に留学を送っている。資格が厳しくないため、希望する学生は、ほとんど行くことができるということが長所だ。

国内で2年を終えて、ある程度スペイン語の基礎が取れた学生は、必要に応じて3年生をメキシコに行って送ります。そこでは、学生たちは地元の人の家でホームステイをすることになるが、一家に通常一二人ずつ入る。長い間ホームステイを作動させた家の主人は韓国の学生が何を必要とするか知っている。このように学生たちが不慣れな環境に容易に適応しながらゆっくり言語を習得することができます。今後10年間は、資源が豊富な中南米時代が来るだろうという見通しがある。33カ国に約6億の人口を持つ中南米は無限の可能性を持っている地域である。その中でチリは我が国と最初に自由貿易協定(FTA)を結んだ国であり、最近ではペルーともFTAを締結した。資源確保の必要性が強調され、中南米への関心はますます増加している。それにも全国のスペイン語関連学科は14個に過ぎない。

その結果、この学科の卒業生の大半が専攻を生かして就職をしている。特に中南米地域の就労が有効になっていますが、多いときには卒業生のうち、就業者の約40%が中南米に出たこともある。したがって、現在、メキシコをはじめ、グアテマラ、ホンジュラス、コロンビア、ベネズエラ、ペルーなどで卒業生が活躍している。特にメキシコではメキシコシティだけで最低10人の卒業生がいる。

国内でも同じダダ。一例として、在中南米各国の大使館には、鮮文大スペイン中南米学科の卒業生がいない所がほとんどない。在メキシコ·グアテマラ·パナマ·ベネズエラ·チリ·パラグア​​イ大使館などに卒業生が進出している。大宇建設をはじめ、中南米に進出する大企業にも鮮文大生の就業は開いている。




coded by nessus
Posted by on 2012年5月28日. Filed under 教育・留学. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*