ピースカップの宗教論争? サッカーはサッカーだ


 ベストイレブン| 金テソク | 入力2012.05.25 14:37

ピースカップに向けたキリスト教のもう始まった宣戦布告、どうしたの?

(ベストイレブン) 

[金テソクのサッカー一杯]

来る7月19日に開幕する2012年ピースカップ水原(スウォン)を控えて忙しい姿を見せる人々がいる。組織委員会または大会に参加する城南一和などのチームがありません。まさに韓国キリスト教統一教対策協議会(以下トンデヒョプ)である。

トンデ協は24日、事務総長を務めているイヨウンソン牧師を介して”2012年ピースカップ水原は、統一協会の主催で行われている行事であるだけクリスチャンの注意を呼びかけます。韓国教会は、7月に開かれるこの大会の実体を知らせに反対運動を始めるべき”と非難の声を出した。具体的にどのように反対運動に乗り出すかは明らかになかったが、公開的に立場を表明しただけに、キリスト教団体のバンピスコプ運動が進むと予想される。

このような姿を見守って窮屈。単なるサッカー大会の開催にこのような反対の姿勢を見せることはないという気がする。キリスト教団体のピースカップの反対運動は、今回が初めてではない。ピースカップは初めて幕を上げた2003年から粘り強く大会開催に反対してきた。

代表会長を務めているチェジェオ牧師は、2004年に”まだ統一協会がこの大会を主催していることを知らずに観覧することが多い。少なくともクリスチャンたちの観覧を防ぐのために最善を尽くす”と決然とした決意を残すこともした。その決意は、先に述べたように今も利用できる。2005年大会を控えては韓国キリスト教総連合会(以下、CCK)が公式声明を通じて、 “ピースカップ開幕が強行場合は逆と糾弾大会をソウルワールドカップ競技場前で開いて大会が開かれる都市での運動を拡散していくだろう”と脅しをしておいたりした。だけではない。芸能人サッカー大会ピーススタコプなど小さな傘下の大会にも粘り強く追いかけて反対の意を示した。

これは必要があるようだ。サッカーファンには誰が大会を主催しても重要でない。ただ韓国では簡単に接することができないヨーロッパの強豪たちの試合をテレビで見ることができる良い機会である方だ。プレシーズンと欧州のチームが100%私の実力を発揮することはないが、ここではとにかく、城南一和とのチームでKリーグのクラブと欧州クラブの実力差を目で計ることができる良い機会という点で興味を持って大会開幕を期待しています。ところが大衆が全く関心を持たない理由をあげて大会開催に反対するという。統一教会が主催した大会とだ。

このような一方的売りは、サッカーの純粋性を非常に毀損させることである。FIFA(国際サッカー連盟)は、政治·人種·宗教を差別しないようにすると規定しており、これに反する場合、かなり重い懲戒を下している。今回の場合にどのような懲戒を下すことができるかは分からないが、とにかくいくつかのクリスチャンたちの非 ​​難は、FIFAの意味にも反することだ。

この前訪韓したレディー·ガガの公演を控えてコンサートが開かれる蚕室(チャムシル)総合運動場近くでひとしきり大騒ぎが起こった。公演反対運動を繰り広げたクリスチャンたちレディー·ガガのファンがいざこざを起こしたためだ。レディー·ガガの公演がアンチクライストを標榜するという理由で反対したが、逆説的にレディー·ガガよりもキリスト教団体が作り出したアンチクリスチャンが多く量産された。自分でよかったと思うかもしれませんが、結果的に大衆のバンガムマン事故てしまったということだ。

度重なるピースカップの反対運動も同様の結果を生んでいる。明らかに間違っだ。ファンの視野は、サッカーはサッカーであり、ピースカップは、サッカー大会のはずだけだ。何も考えず楽しむ。競技に参加する選手たちは、水原市をはじめとするスポンサー企業、放送局も同じ姿勢だ。フィールドで大体呼吸する選手たちの情熱に拍手して喜ぶことは決して悪いことも、ならないこともありません。ピースカップはただのサッカー大会のはずだけだ。

 

【関連記事】




coded by nessus
Posted by on 2012年5月25日. Filed under スポーツ・文化, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*