[科学エッセイ】韓半島、世界中心リード韓日海底トンネル/ギムウォンギュ


国際新聞  2012-05-21 20:42

[科学エッセイ】韓半島、世界中心リード韓日海底トンネル/ギムウォンギュ

220㎞超大トンネル、海底区潮140㎞…国内のトンネル建設技術の飛躍的な発展を確認

昨年12月の工事期間6年ぶりに釜山(プサン)加徳島助け慶南巨済をつなぐ総延長9.2kmのゴガデロガ開通した。2つの橋と1つの海底トンネルで構成されたこの道路は、釜山(プサン)と巨済(コジェ)間の約2時間10分かかっていた時間を50分に減少させること、物流コストの削減という経済的効果だけでなく、二つの地域を一つの生活文化圏に接続している肯定的の効果をおさめ ​​ることができるものと期待される。これに加えてチムメトノルイラヌン我が国では初めて採用された工法と世界で最も深い水深(40m)に設置されている記録で、国内外で大きな関心を引いた。

鉱物資源を採掘したり、軍事目的で造られた古代のトンネルとは異なり、現代では、トンネルは、主に輸送のために建設されている。最近、世界各国では、新たに開発されたトンネル工法を利用して国力を誇示するように、超大トンネル建設に熱を上げている。最近の主に使用されるトンネルを建設する工法は、発破でトンネルをくぐってショトクリトゥ(shotcrete、圧縮空気で吹きコンクリート)とロックボルト(rockbolt)という支保工で掘削面が崩れないように保護をしてくれる作業を繰り返しているNATM工法があり、木や鋼材(steel)で支えて掘削面を支持しては、従来の工法(ASSM)がある。NATM工法は、従来の工法に比べて優れた経済性と安全性が立証されて、最近の繁華街および山岳地域のほとんどトンネルに適用されている。ノイズと元の地盤の変形をもたらすことができるブラストによる掘削の短所を補完するために、ブラストではなく、大型機械で掘削をするTBM工法と、スィルトゥ(Shield)工法がある。

ユーロスターに乗って一度は渡ってみたいユーロトンネルは、イギリスとフランスを接続し、海底トンネルで英仏海底トンネルとも呼ばれ一つの公式名則はチャネル(Channel)トンネルです。1986年に工事が開始され、1994年に完成したこのトンネルは、長さ49.94kmの海底区間(34km)は、世界で最も長い。このトンネル建設には、機械掘削工法であるスィルトゥゴンボプイ適用された。これまで世界で最も長いトンネルとして知られている青函トンネルは日本の本州の青森県と北海道を結ぶ海底トンネルである。1964年のトンネル工事を開始して約24年ぶりの1988年に開通した。ほとんど従来の工法で施工された。総延長53.9km(海底部23.3km)で、いくら前までの世界最長のトンネルという名声を持ったが、最近に貫通された、スイスのゴートハルトバシストンネル(57㎞)に押されて、世界で2番目に長いトンネルとなった。このトンネルの建設以来、日本は世界のトンネル技術系を先導することになった。ゴートハルトバシストンネルはアルプスを挟んで、スイスとイタリアを結ぶ、世界で最も長いトンネル(57㎞)である。山岳地域にメリットがあるTBM工法が適用され、このトンネルは、2017年末に開通する予定だ。

このような超大トンネル建設という鳥に我が国も参加している野心的な計画が議論されている。最近、韓国建設産業研究院は、釜山と福岡を結ぶ韓日海底トンネル建設の着手が2020年ごろに可能だと発表した。韓国に先立って、日本では1920年代から断続的に海底トンネル建設が必要だという意見が提示され、韓国では1980年代から長い期間議論が続いたおかげなのか、海底トンネル建設の必要性に対する共感が広がっている。このため、国民的合意と最適のルートが決まって、2020年に工事が着工なら2030ニョンチュムエヌン観光客が海中の高速鉄道で韓国と日本列島をヌビゲなることだろう。韓日海底トンネルは、既存の建設された長大トンネルとは比較できない、それこそ超大トンネルである。海底トンネルの区間だけ140余kmに達し、トンネルを抜け出したいくつかの橋まで含めると220以上のkmに達すると予想される。このため、韓日海底トンネルが建設たら世界の海底トンネルの歴史を新たに書くことになるだろう。南北分断で失われた鉄道を復元して、南北を一つに繋ぐ韓半島縦断鉄道(TKR)が建設され、シベリア横断鉄道(TSR)や議論されているベーリング海峡海底鉄道に接続すると、韓半島はそれこそ世界の中心地となることが明らかにである。同時に、我々のトンネル建設技術の飛躍的な進歩により、超大トンネル建設という世界的な流れを先導していくことを確信している。

同意科学大学土木科教授

※社外筆者の見解は、本紙の制作の方向と一致しない場合があります。

 

Posted by on 2012年5月25日. Filed under コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*