ネパールの教会長(国会議員)、現職長官任命!


韓国統一教HP>海外ニュース(2012.05.18 21:53 )

ネパールの教会長(国会議員)、現職長官任命!

天一国の起源節をいくら残されていないときに、天地人真の父母様、天運が全世界宣教の現場で素晴らしい歴史を作っていきます。アジア大陸は、最近の父母様の御言葉訓読ブームに伴い、国からの天地人真の父母宣布は、原則ボンチェロン教育などの勝利の日続いている中、ネパールのよいニュースをお届けいたします。

ネパールの家庭堂国会議員のエクナトダカルシ(38歳、現職会長)が天3年メニュー3月26日(新暦5月16日)部長官に任命されました。この日任命された長官は、各政党を超越してすべて25名であり、大統領宮殿で現職大統領(Dr.人ほしいヤダプ)と現首相(Dr.バルラムバッハタライ)がイムソクハン中厳粛に行われた。

その中にネパールは王政が崩壊した後、民主主義に立脚した新憲法を制定するために、過渡期の政府を中心として、3年以上の準備期間を経て、来る天暦4月8日(新暦5月28日)、新憲法を宣言しされる。これ現政府は、天暦メニュー3月14日(新暦5月4日)、懸垂賞を除いた内閣の閣僚が辞任し、新しい憲法を中心とした政府を確立するために党を超越して、連立政権を構成することになった。この連立政権は新憲法を中心として出発する民主政党に今まで作った新憲法と体制を移譲するためにジョンジェケされ、天暦4月8日(新暦5月28日)は、大詰めの幕を下ろすことになる。新しい憲法を宣布するための連立政府は12日間のみに新しいシステムを誕生させてその使命がある。

 

このように新しい憲法を宣布するための歴史的な最後の政府の大臣に統一教会の会長であり、天宙平和連合の会長そして家党国会議員のエクナトダカルシガ政府内閣25人の大臣の一人任命されたのだ。

ネパールには601人の国会議員がいて25つの政党がありますが、今回の内閣に入るためには想像できない激しい競争があったという。ところが、その競争を退けて、国民の意見と世論を収斂して、ネパール統一教会の会長エクナトダカルシガ堂々と601人の国会議員のうち25人の代表として選ばれた。まだ正確な部門では、決定されていたのですが昨日の夜、テレビや新聞紙上で大々的に報道がされた。

大統領グンウロブト長官任命を受けたエクナト会長はすぐに平和大使館に戻って、ネパールの伝統衣装に着替えて4階真の父母様礼拝堂で中心食口たちと一緒に神様と天地人真の父母様礼拝を上げ、喜びと栄光を返した。さらにネパールと世界のために、さらに犠牲と奉仕して天一国完成が行われる日まで最善を尽くすことを固く誓った。

ネパールでは、昨日から再び国営放送局を介してボンチェロン講義が進んでいる。全く驚くべき天運に恵まれて、この宣教の現場で起きていることを見申し上げて、私たちは皆、天一国ギウォンジョル勝利に向かって前進することを祈願する。




coded by nessus
Posted by on 2012年5月19日. Filed under トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*