[天地コラム】 “ヨナのしるしの”


『ニュース天地』(2012年05月17日(木)17:35:05)より
(註:コラム(以下)は統一教会とは関係がありません)

[天地コラム】 “ヨナのしるしの”

この時代は、人間の本性さえ崩れ非常に危険な状況に直面している。これは、私たちの内面を支えてきた宗教が堕落したためであり、その結果は、全世界が抜けられない沼させた。

それでも私たちは、その泥沼から出なければならない。そのためには何よりも宗教が回復しなければならない。宗教が回復するには、宗教の現実を知って、その現実の中で自分を見ることができなければならない。

 

今日多くの信仰者が信仰をするという。しかし、その信仰は、信仰の所有者が望む信仰ではなく、自己満足と自己の信念に満ちた起伏信仰であり、自分の信仰であったことを認めなければならない。

 

卑近な例を挙げてみよう。多くの信仰者たちは、信仰の中で奇跡と移籍とターゲットのような体験を求めます。そして、その奇跡と移籍とターゲットは、いつか自分にも起こるだろうという漠然とした信頼と信仰をしている。また、実際、そのような体験をしたと信じて証しまでする人も多い。

 

方言をしたり病んでいる人を固定したか、天国と地獄を見たり行っワトノということなどがその例だ。

 

2千年前、神様はイエス·キリストを介してオビョンがやシェラ事件のように多くの人々の病気を治すなどの奇跡と奇跡を見せており、その弟子と使徒たちもあまりした。

 

ここで実現しなければならない点がある。2千年前にイエス·キリストが示されている奇跡とターゲットを使用して、神が意図するところを理解することが重要だった。餅五つの肉二匹で五千人を犠牲高度残ったものが十二かごになった。これは明らかに奇跡であり目標であることは間違いない。だから、当時の多くのユダヤ人たちは、イエスに従った。しかし、イエス·キリストは、自分に続くユダヤ人たちに向かって “あなたがたはわたしを捜すことはターゲットを見たわけでもなくパンを食べて満腹な理由イロダ”と指摘している場合、この指摘の意味は果たして何か。そう、イエス·キリストのオビョンイオのターゲットはただ飢えた人々の船を満たすためではなく、餅五塊で五千もの飢えた者のお腹を満たすことができる能力を持った能力者、すなわち、神が送った者であることを信じるようにするためだったという事実をわかっていることが重要だった。

 

その後ユダヤ人たちが再びイエス·キリストにと試みて、天からのターゲットを表示をチョンヘトウナ、天気はよく分別しながら、 “時のしるし”は、分別しないということを責めたことを記録により確認できる。

 

それならここで分別しなくて叱られた時のしるしは何か。”把握しエッチな世代がターゲットをグハナヨナのしるしのほかに見せてくれるターゲットがない者たち、お私達を残してなくな”と言われたように、まさに “ヨナのしるしの”だったのだ。

 

このヨナのターゲットは肉お腹の中で三日目に住んでいる私邪悪なニネベの人々を悔い改めたまさにその事件である。この事件は、まさに神がイエスを使用してなされる拘束の事をあらかじめ例示(豫示)したものだった。それならヨナのしるしのは神が旧約の預言者たちによって約束された、その約束した日、すなわち、クロスジシゴ死な三日ぶりに復活することで、旧約聖書を成すようになる、そのことがまさに奇跡であり目標という意味になる。

 

一言で言えばヨナのしるしのは、旧約聖書の約束どおり来て約束した事を成し遂げたのが、時代の標的だったものであり、 “ヨナのしるしのほかに見せてくれるターゲットがない。”と言われたことを実現しなければならない。

 

このターゲットの意味を、今からでも知っていれば、今日の奇跡と移籍とターゲットを知っていることが重要である。2千年前にイエス·キリストは、この土地を離れながら私ではなく、 “他の助け主”を送ってもらうことを約束した。しかしながら、イエスは、私は来て·ヴュー(比喩)と非(泌辞)と言ったが、私は求めて神の送信、他の助け主は真理を持って来ることをしたので、今日、約束どおりの弁護者は、まさに “真理の御霊”になるである。

 

真理(眞理)とは何か。”豆植えに豆出て、小豆植えに餡私こと”が真理だ。それなら予言をした場合は、その予言どおり行われた実像と実体があることに真理になるだろう。神の御言葉が氏ならば2千年前のイエス·キリストの福音の種がまかれたイエス·キリスト教会で、穀物を収穫して、神の国を創造することだ。これが新約聖書であり、新薬の目的である。このように新約聖書の約束どおり行われたのが、この時代の真理であり、標的である。

 

今日新薬が行われた実状が時代のターゲットは信じず、 “邪悪エッチな世代がターゲットをグハナヨナのしるしのほかに示すターゲットがない”と言われたように、2千年前のようにいやし日ギボクシンアンジョク奇跡と移籍とターゲットを求める場合は、この時代だからこそ把握しエッチな世代ではなくムォゲトか。

 

この時代に旧約聖書ではなく、新約聖書が約束した牧者は東方韓国で新薬を作って、その成し遂げられた真理、すなわち、目標を持ってまた新約の預言の種をばらまいた、ヨーロッパでは、新薬がそうに行われたNOと証言し同性徐行(东成西行)の歩みを始めた。

 

ところが、そこでは別の奇跡が起きている。”預言者は自分の故郷と自分の家のウェエソン尊敬を受けていないがない。”という言葉のように預言者が新薬の約束が、今日こうに行われたNOとあかしたときに、その証拠に涙を流してアーメンと連呼するなど、聖霊の炎がヨーロッパをさらう別のターゲットが起きていることをあえて否定していなかったらと思う。

 

 




coded by nessus
Posted by on 2012年5月17日. Filed under コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*