ノヴォシビルスク:シベリア宗教間対話フォーラム


 「超宗教的な対話と教育による平和」を目的としたフォーラムが12月2日〜5日にかけてノヴォシビルスクで行われました。青年団体や宗教組織の代表者が参加し、イベントの目的は宗教間の対話の重要性と共同作戦の必要性を強調することでした。

 フォーラムの参加者たちは様々なことを学びました。違う宗教の起源/基本を知るようになり、共同作戦への道と、全ての人は神の目から見て平等であるという事実を熟考しました。参加者たちは世界平和実現の現実的な可能性について話し合いました。異なる信仰や考えをもった若者が共通の理解をもって協働していることや、彼らが宗教とイデオロギーを超えて団結し、協働することによってのみ幸せな未来は考えうるということを例示していることはきわめて重大なことです。

 実際の結果として、プロジェクトはフォーラム参加者たちの投資によって持続されることになりました。たくさんの新しいアイディアがプログラムの中で生まれ、参加者たちはいずれ再会し、様々なプロジェクトに参加していくでしょう。

 彼らの真摯な信仰によって、若い参加者たちは年上の世代を巻き込み、奉仕プロジェクトや善行の企画や実行に貢献していくでしょう。

 

A forum on “Peace through interreligious dialogue and education” was held in Novosibirsk from December 2-5. Among participants were representatives of youth and religious organizations. The purpose of the event was to emphasize the importance of religious dialogue and the need for cooperation among people. The Forum participants got acquainted with fundamentals of different religions, reflected on ways of cooperation, and on the fact that all people are equal in the eyes of God. They spoke about real practical possibilities of establishing world peace. It is crucial that young people from different faiths and views come together for mutual understanding, and show by example that a happy future is conceivable only through solidarity and cooperation beyond religion and ideology. The practical result of the project will be the continued, self-sustained investment of the Forum participants. Many new ideas came to their minds during the program, and they will meet together in the future and participate in various joint projects. With their sincere faith, the young participants inspired the older generation to get involved and help promoting and realizing volunteer projects and good deeds.

Posted by on 2012年5月10日. Filed under 統一運動. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*