世界会長ツイッター2012年5月7日(月)


ツイッター友達の食口の皆様と分け合いたい話があります。永遠な現役93歳の真のお父様に栄光を捧げながら…

http://m.blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=slp1715&logNo=140149554573&categoryNo=0&isFromSearchAddView=true

(↑のブログ 日本語訳)
後悔という言葉を知っていますか?

私は若い時

本当に一生懸命に仕事をしました。

その結果 私は実力を認められて

尊敬を受けました。

そのおかげで65歳の時 堂々と引退する事が出来ました。

そのような私が30年後の95歳の誕生日の時

どれだけ後悔の涙を流したのか分かりません。

私の65年の生涯は誇らしく潔かったのですが、

以後30年の人生は恥ずかしく後悔となって

悲痛な人生でした。

私は退職後

「もう全て生きた。残った人生は ただのおまけだ」

という考えで ただ苦痛なく死ぬことだけを

待っていました。

はかなく希望が無いそのような人生…

そんな人生をおよそ30年も暮らしました。

30年の時間を

今 私の年 95歳で見たら…

3分の1に相当する長い時間です。

もしも私が退職する時

これから30年 もっと生きることが出来ると考えたら

私は本当にそのように暮らしていなかったはずです。

その時 私自らが

年をとったと、

何かを始めるには遅いと考えたことが

大きな間違いでした。

私は今95歳ですが精神がはっきりしています。

これから10年、20年 もっと生きるかもしれません。

これからは私がしたかった語学の勉強を

始めようと思っています。

その理由はただ一つ…

10年後 迎えるようになる 105回目の誕生日の日!

95歳の時 なぜ何も始めなかったのかと

後悔しないためにです。

-2008年8月14日 東亜日報から ある95歳の老人の日記-
Posted by on 2012年5月9日. Filed under 世界会長ツイッター. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*