500万ウォン+α 、”城南のファン心。Kリーグの誤審のないその日のための声なき叫び”


 スポーツ朝鮮、記事入力| 2012-05-06 17:21:41

 

‘500万ウォン+α “城南のファン心。 K-リーグが癒された

“この500万ウォンは、韓国サッカー界の誤審のないその日のための声なき叫びである。”

シン·テヨン、城南一和監督の罰金を代わりに出すと言って500万ウォンが入った封筒を募金箱に入れた中年ファンの手紙だ。

5日、城南-済州戦直後城南のファンがシン監督に”罰金募金箱”を伝達した。シン監督の500万ウォンの罰金が確定した直後、城南一和球団自由掲示板を通じて、ファンたちの自発的な募金運動が始まった。罰金500万ウォンを代わりに出すと言って腕を歩いて出た。5日こどもの日済州戦試合前、ハーフタイムの罰金募金運動を繰り広げた。シン監督は試合直後の記者会見場にファンが渡した募金箱を持ってきた。

“罰金募金箱”は先月28日、水原(スウォン) – ソンナム戦でステボがエベルチンヨの足を踏む状況をわずか5〜6mの前で見られなかった審判の判定に厳重に抗議する意味を込めた。当時の判定に激しく抗議した後、 “ホイッスルが試合を台無しにした”と言及したシン監督に試合審判規定第4章36条5項( “のインタビューで、景気判断や審判と関連して一体の否定的な言及や表現をすることができない”という条項)に基づき、罰金500万ウォンの制裁が下された。

シン監督が募金箱ふたを記者会見場で開いた。ボックスの中で無数の袋が相次いだ。シン監督と選手団への激励の手紙と、少なくは数千から多くて3万〜5万ウォンに達する激励金が殺到した。手紙をいちいち読んで見ていたシン監督が、分厚い金色の袋を手にした。はっきりと、また薄い書体で書かれた2枚の手紙と一緒に10万ウォン券小切手50枚、合計500万ウォンが入っていた。

“私は城南一和の平凡なファン”で始まるこの手紙は、妻と一緒に外出三炭川運動場を頻繁に訪れることができるある中年ファンのことだった。”妻と一緒に水原戦を見に行って、誰が見ても明らかな選手の反則とそれに対する不当な誤審に失望を禁じえなかった”と書いた。”この500万ウォンは、韓国サッカー界の誤審のないその日のための声なき叫びであり、今回の誤審の音のない叫びです。喜んでシン·テヨン監督の罰金に使用してくださるようお願いいたします”と締めくくった。本気のファン心の前にシン監督がやめて粛然とした。

◇シン·テヨン監督の代わりに罰金を出すと言ってさっさと500万ウォンを出した城南一和中年ファンの手紙

“罰金の募金運動”は、実際には、城南が初めてではない。去る2009年にもソウルのファンが当時セニョルシュFCソウル監督のために罰金募金を展開した。浦項(ポハン)とのカップ戦4強2戦の直後、 “審判3人さえいれば優勝も可能だ。チュクグハル必要がありません。これから野球を見なくちゃいけ”と審判の判定を強く批判した。プロサッカー連盟からジェジェグム1000万ウォンの懲戒を受けた。ソウルの公式サポーター”守護神”が組織的に動いた。罰金募金運動を展開した。

3年ぶりにまたファンが動いた。城南は歴史と伝統を誇る首都圏名門球団だが、観客動員や、マーケティングの面でずっと辺境にとどまった。親会社の宗教的限界やベッドタウン分間の地域特性等の理由サムアトが優れた成績に比べて不足しているファンだということ言い訳言葉多くなかった。そうだった城南が”K-リーグを正す”の中心に立った。少ない行動する城南のファンの力を見せてくれた。不当な誤審で粒度ポングトハルできない監督と球団の代わりにファンが言葉だった。K-リーグの主人であり、サポーターの文化をリードする”オピニオンリーダー “を自任した。シーズン初め暴動、戦いでごっちゃになったファン心、K-リーグのファン文化の新しい章を開いた。球団も大きな力を得た。強固な”援軍”の存在に改めて感謝しています。K-リーグの発展のために、城南がすべきことを深く悩んでいます。

シン監督はファンに向かって心からの感謝を伝えた。”何に感謝ささげるべきか分からない。私たちの選手団に大きな力になるだろう。今後主審と共生、発展してK-リーグがさらに発展するように努力します。胸がいっぱいで申し訳ない”と述べた。お金の使い道に関連して”本当にサッカーファンのために良いことに使わなければならない。球団と相談した後、申し上げたい”と言葉を惜しんだ。水原戦後気に障って二日間夜も眠れなかっはシン監督の顔に暖かい微笑が浮かんだ。K-リーグ城南のファンが誤審の傷を軽くした。K-リーグが癒された。

ジョンヨウンジ記者sky4us@sportschosun.com

 

【関連記事】

城南FCのサポーターであることが誇らしいです。




coded by nessus
Posted by on 2012年5月6日. Filed under スポーツ・文化, トピックス, ニュース, 動画. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

3 Responses to 500万ウォン+α 、”城南のファン心。Kリーグの誤審のないその日のための声なき叫び”

  1. OMOTO HARUTO

    とても感動的な記事ですが、翻訳仕切れていない部分が多く、残念です。
    全文を翻訳する時間がないため、せめて監督のコメントだけでも個人的に翻訳してみました。

    原文
    “뭐라고 감사드려야 할 지 모르겠다. 우리 선수단 모두에게 큰 힘이 될 것이다. 앞으로 주심들과 상생, 발전하고 K-리그가 더욱 발전할 수 있도록 노력하겠다. 뿌듯하고 죄송하다”

    翻訳
    “どうやって感謝を表現すればいいかわからない。クラブの全員が大きな力をもらった。これからも主審と共存し、より発展して、Kリーグの更なる発展のために努力していこうと思う。感無量の気持ちと同時に、申し訳ない”

  2. FAMILYFORUM.JP

    OMOTO HARUTOさん フォローありがとうございます!

  3. tomy5931

    05/07 ニュース(抜粋)から

    http://news.naver.com/sports/index.nhn?category=soccer&ctg=issue&mod=read&issue_id=578&issue_item_id=9451&office_id=260&article_id=0000000507

    http://imgnews.naver.net/image/260/2012/05/07/%25BD%25C5%25C5%25C2%25BF%25EB.jpg
    自分たちのレジェンドを扱うことを知って、城南のファン(写真=クォン·オソン)

    ▲最高のファン(FAN OF THE WEEK)|城南のファン
    城南はKリーグで最も多くの優勝(7回)を誇る。しかし、エンブレムの付いた7つの星に反比例するホームファンサポーターズ数字でからかうこともある。では、果たしてファンの数が情熱と感動という見えない声援に比例するのだろうか?城南のファンは先週末、そうではないことを証明した。済州(チェジュ)とのホーム試合を控えてシン·テヨン監督は意味のある贈り物を受け取った。一人の女性ファンが送ってくれた小包には、黄色のマグカップ二個含んでいた。最近の気管支を保護するためのベンチでお湯を飲むシン·テヨン監督は、風が激しい競技場の環境のために紙コップではなく、マグカップに応じて食べる姿をずっと見せてくれた。炭川カフェ社長というニックネームまで得た彼の女性ファンは城南のエンブレムと雨に打たれながらも選手たちを督励している情熱的なシン·テヨン監督の写真が刻まれたマグカップを送ってきたのだ。シン·テヨン監督は、既存のマグカップではなくファンが送ってくれた専用マグカップを使用し始めた。競技後にはまた別の特別な贈り物が届いた。10ラウンド水源戦でエベルちん何を向けたステ見のファウルを強く批判したという理由で受けることになっ罰金をファンたちが代わりにお出ししたと募金した結果が到着した。記者会見場でシン·テヨン監督は、直接募金箱を開封したがその中には多くの手紙と100円玉からチェックまで、様々な心が集まっていた。特に、ある中年ファンの罰金全額に相当する10万ウォン券小切手50枚を入れて送った。そのファンは”若いファンのように先頭に立って行動はしませんが、これたとえ心を表現したい”という手紙を同封してシン·テヨン監督を感動させた。

    [参考]
    http://i2.media.daumcdn.net/photo-media/201205/05/besteleven/20120505183032507.jpg
    ファンがプレゼントしてくれシンテヨン専用マグカップ

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*