日本女性の結婚移民者の韓国社会適応の実態


韓国統一教HP>自由掲示板 から

日本女性の結婚移民者の韓国社会適応の実態

日本女性の結婚移民者の韓国社会適応の実態

 :忠南の農村地域(洪、イェソン、青陽)を対象に

  イ·ドック(洪城ヒェジョンデ教授)

 

以下、web翻訳へ (こちら)。

———————————————————————————————————————

(抜  粋)

5。出てきて

 

“お互いに敵にここでは国の人同士で結婚して睦まじく家庭の平和を成すことが理想的な平和な世界をつくる近道であり、平和な家庭は天国の基礎となる”という論理が統一教会のギョリダ。調査対象地の日本人移住女性たちは全員がこのような統一協会の教義を信じて自分なりの方法で実践している。このように宗教的信念に基づいたその他の国の移住女性と明確に区​​分されている結婚の動機と目的を持っていて、 “忍耐と誠実” “従順と犠牲”に韓国での生活全般において大きな問題点を現わさないまま、比較的社会私の家によく適応していることができ、これには、統一教会の役割が大きいといえる。

統一教会は、責任を持ってでも信仰でも、実際に現在の多文化家族支援センターが果たしている役割の大部分をずいぶん前からではなく担当してきたのが事実であり、また大多数の日本女性の結婚移民者たちは、多文化家族支援センターの利用に消極的であり、多くの部分を教会に依存しているのが現実だ。

したがって、日本の女性の結婚移民者のためのサポートには、統一教会どう共存するかがカギだといえる。つまり、統一教会との連携を通じたアプローチは、日本の女性の結婚移民者たちの参加度を高め、最終的に支援政策の効率性を高める結果につながるものであり、また、予算の削減の観点からも積極的に検討する必要があり必要性がある。

結論的に日本女性の結婚移民者のためのサポートには、子育て支援とご主人と家族(収容者)の教育支援が中心と必要があり、その実行においては、統一教会との協調システムを整えることが最善であるといえる。具体的にどの部分をどのよ​​うにゴンジョハルかについて、より具体的な方法論においては、より多くの研究が必要であり、これを今後の課題として残す。




coded by nessus
Posted by on 2012年5月4日. Filed under コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*