【 天地コラム】‘西気東来’後‘東成西行’の時代ちょうど上がって


天地日報(2012年05月03日(木)18:02:25 )

[天地コラム] ‘西気東来’後‘東成西行’の時代ちょうど上がって

この時代は果たしてどんな時代であろうか。 このような疑問を持つ人々がどれくらいなるのか気になる。 今この時代は一時台が行ってまたした時代がくる街角に立っている。 しかし‘世人何知’欄話と一緒に寝る人生に汨没しているだけこの時代の流れに対しては分かる者がなくて関心を持つ者もない。

例えばあたかも2千年前ユダヤの土地であられたことと同じならばどれくらい理解するだろうか。 当時神様の息子イエスが旧約聖書の約束のとおりこの土地にきて,一時台を終わらせて,新しいある時代を開いたが当時ユダヤ人は認めなかった。 しかし彼らが認めようが認めるまいが紀元前と紀元後という時代の一線を引いたし,血統につながってきた腐敗して堕落した肉的イスラエルは終わって,イエスを信じることで神様の子供になる信頼の時代すなわち,国境がない神様の国霊的イスラエル時代が宣言されるのでそれこそ送旧迎新が成り立ったのだ。 それだけでなく今日が地球村は‘西紀’という沿革を認めて使っているという事実を見逃してはいけないだろう。

私たちはそのまま生きていくようでも事実はそうではない。 私たちの考えと精神を支配する神の摂理の中で生きていっていることを認めなければならない。 すなわち,宗教の支配下に住んでいきつつあるという話となる。 私たちの底辺で私たちの精神世界を支配している儒仏仙という宗教がある。 そしてその儒仏仙は再び仙という空の意に向かっていることを悟らなければならない。

それで次のような文を引用してみようと思う。

格癌ナム・サゴ先生が残した文だ。 1509年朝鮮ミョンジョンの時慶尚北道(キョンサンブクト)栄養で生まれた彼は儒教の教えを受けて育ちながら神童と呼ばれたし,成長しながら天気を調べてみることができるほど天文地理に堪能な者であった。 彼が残した文,空前絶後な預言書‘格暗喩録’を通じて,すべての宗教の経書は今日キリスト教死傷(史上、思想)で帰結されていることを察するようにする。

すると彼の文を通じて,証明してみよう。

“上帝予言聖書説世人心肺英仏閣,末世骨炎儒仏仙無道文章ムヨン、西暦(書記)東莱(トンネ)救世陣である支社星群程度令(領),チョンテク知人三豊紙曲識者永生災い迂路”欄記録がある。

解説すれば‘神様が預言者におっしゃった預言書である聖書お言葉を世の中の人々が心を閉じて永遠に考えさえ違う,儒仏仙すべての宗教が旧態依然に信仰をしながら各自自分の宗教に没頭して,文章はあってもお言葉がなくて,使い道がないね。 西洋の運勢が東方にきて救世主(真人)が陳謝両年に正しい道義お言葉を持ってくる。 選ぶことを受けたひとりが空から火․水․つゆという空様式すなわち,啓示お言葉を持ってくるが、この養殖まもなくお言葉を食べる者ごとに永生する。’増えた意になる。

500年余り前ナム・サゴの予言は今日信仰人に多くのメッセージを投げていて,必ず悟って心に刻んでおかなければならない予言という点肝に銘じなければならないだろう。 ところでここで確かめて行くことはすぐに‘西気東来’みな。 この表現は文字のとおり見るならば‘西側の気勢が東にくる’増えた意になる。 ところでこの四つの文字には神様の途方もない計画が含まれていることを悟らなければならない。 ‘気勢’銀神様の気勢を意味しているためだ。 2千年前神様の歴史は西域土地イスラエルで始まった。 したがってルネサンスという文芸復興が起きたし,物質文明が発達して,事実上今まで西欧文明がこの地球村を主導してきたのが事実だ。

しかし時になればその気勢が西側で東に移されることだとあらかじめ予言しておいたのだ。 すぐにその時は2010年庚寅年と次の年である辛卯年を意味する表現だった。

すべての宗教が聖書で帰結されるならば‘西暦(書記)東莱(トンネ)’やはり聖書を通じて,神様の豊富な経験と知性を悟ることができないだろうか。

2千年前ユダヤの土地に来たイエスは方言が他の国に行って福音を証明しなかった。 これは神様が旧約預言者に約束(ゲル3枚)した通り割ってむかついた種族すなわち,イスラエル国民らに聞いてもいや聞いても伝えろとあらかじめ記録した約束を成し遂げたのだ。

旧約を成し遂げられた草林(チョリム)イエスは行きながら,弟子に地の果てまで私の証人になれ(ヘン1:8)で言い付けられた。 そして2千年が流れて今日に至ったのだ。 ところで重要なのは2千年の間福音の種をまいたことは予言です約束だった。 この‘新しい口約束(ヌク22枚)’これという約束は必ず成り立たなければならなかった。

それで今日イエスが新薬を通じて,約束されたすべてのことが西暦(書記)東莱(トンネ)下でこの山川の上で成り立ったのだ。 成し遂げたことは種をまいた畑で刈りいれして,その刈りいれされた穀類を集めて,神様の国を建てたのだ。 この国はヨハネ黙示録に約束されたようにこの土地に成り立つ新しい空新しい土地だった。 このように西暦(書記)東莱(トンネ)下で東方で成し遂げたのを再び西の方に持って行って,彼らに新薬がこのように成り立ったと知らせて信じて行うようにして,彼らもこの時代に党合併した信仰をするようにするために‘東成西行’ウイ歴史が進行していることを悟ることを願う。

そして今日お言葉はなくてまた再びお金と権力と名誉によって腐敗して堕落した宗教世界すなわち,霊的イスラエル時代を終わらせて,新しい時代新しい人になって,霊的新しいイスラエルの主人になることと送旧迎新の主体になることを注文してみる。

同性徐行の歴史とともに呼ぶことになる福音はすぐに‘永遠の福音’このこの500年前ナム・サゴ先生が予言した‘チョンテク知人三豊紙曲識者永生災い迂路(天択之人三豊之穀食者永生火雨露)’イムを記憶しよう。




coded by nessus
Posted by on 2012年5月3日. Filed under コラム. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*