異端,民衆苦難に応えて栄えた


NEWS JOY(デスクの承認 2012.05.02 15:23:00) より

異端,民衆苦難に応えて栄えた

キム·フンス教授、統一協会·ジョンドグァン·竜門山祈祷院などの宗教運動の再評価

 

キム・フンス教授は"統一教など1950年代宗教運動が民衆の霊的欲求を満たす宗教的空間を開いてくれた"故評価した。

 統一教会、ジョンドグァン、竜門山祈祷院など、​​1950年代に広く知られている宗教的な運動を再評価するフォーラムが4月30日、ソウル西大門アンビョン無ホールで開かれた。今回の行事は、 “韓国社会右派の形成とキリスト教”という3年間の研究プロジェクトの一環として開催される第五フォーラムでは、聖公会大学東アジア研究所が主催し、私たちの神学研究所と第3の時代、キリスト教研究所が共同主催した。

 

発表者として出たキム·フンス教授(モッワン大)は、いわゆる異端と規定されている宗教動きを眺める時、教義の誤りを指摘している側面はなく、歴史的背景から調べることを提案した。特に1950年代に登場した、統一協会·ジョンドグァン·竜門山祈祷院の宗教運動は、△韓国キリスト教との歴史的関係、△韓国戦争という国家的災難△韓国の宗教文化の伝統で見ていく必要があると述べた。

金教授は韓国戦争など社会不安が絶えなかった危機の現実の中で多くの人々が新しい宗教運動に集まっていた事実に注目した。金教授は、1930年代神秘主義霊波の影響を受けて、新しい宗教運動を導いたムン·ソンミョン·パク·テソン·ナウンモンアンチャルイナ方言のような宗教行為によって人々をしていた点を肯定的に評価した。

“1950年の統一教会、ジョンドグァン、竜門山祈祷院は、戦後の状況でアンチャルグァ方言のような新しい宗教現象の発源地であり、宗教体験に基づいて独自の神学の儀式を作り出したし、復興集会を介して精神的な欲求を満たしてくれるの民衆の宗教空間だったことだけは明らかだ。 “

主流教会は私的啓示宗教体験を問題にして、新しい宗教運動を異端と規定した。特に、文鮮明と朴線が自分をメシヤとして暗黙た点と性交を介して血を変えて、聖潔になることができるという血分けの教義などが集中砲火の原因となった。

これに対してキム教授は “教義の次元で接近すると、統一教会、ジョンドグァン、竜門山祈祷院の神学的想像はイダンイルすることができる”と話した。しかし、 “こういったアプローチは、韓国の文化や社会的枠組み聖書やキリスト教を解釈、再構成する作業自体を許可しない”という点で問題があるとした。キム教授は “韓国戦争直後の時代的条件の中で韓国人の生存欲求と必要性を独自の聖書解釈と儀式で塗りつぶすた神学的な想像と構成を覗いて見ることが必要だ”と指摘した。

参加者は続いた討論の時間にキリスト教が新しい宗教運動を異端視することで、何を失ったのかについて質問した。これに対してキム教授は、統一教会の新論で神の痛みが頻繁に言われたことを述べた。一方、主流のキリスト教は良い神様や審判の神を強調しただけで、戦争と災難に苦しんでいた韓国人たちの状況をろくに分析できなかったとした。金教授は、これに対する傍証とキリスト教の戦争神学がない点を指摘した。

キム教授は最近、異端の問題を社会問題として思って国家の介入を求める声に警戒した。キム教授は “宗教の自由が優先されるため、国の介入を要求するのは危険な方法だ”と述べた。

 

[関連記事]
 



coded by nessus
Posted by on 2012年5月2日. Filed under ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*