朝鮮半島で大戦争、世界第三次世界大戦始まり?


 2012.04.25 | Break News 

朝鮮半島で大戦争、世界第三次世界大戦始まり?

“南北平和統一推進協議会”を作って北と協議しよう。

中国とソ連両軍チョンチャムモジャンウン”海上連合-2012″は、中国とロシアの海上合同軍事演習を2012年4月22日から27日まで中国山東省青島(青岛)付近西海海域で行われていると発表した。今回の訓練の課題は、 “海上連合防御と保護作戦”だ作戦計画に基づいて、実戦訓練と海上発熱と交流と研究討論4段階で構成されるという。中国とソ連双方は、25隻の艦艇を派遣して訓練に参加することである。

サミュエルロクルリア米国太平洋司令官が今年4月17日、ソウル龍山(ヨンサン)の韓米連合司令部会議室で開かれた記者会見で、北韓のミサイル基地や核施設を精密打撃の可能性について、 “すべてのカテゴリの対応策を講じているという。

もし、南北間に戦争が起こると平壌(ピョンヤン)をはじめ、北も破壊だろうが北の砲撃でソウルは家庭ごとにガス管が接続されているので、火の海となり、サムスン電子、LG電子、現代電子の設備が破壊されることで、原子力発電所もデパドゥェルだろう。これにより、中国とソ連は北編担架であり、米国と日本は南朝鮮を助けて戦争は世界第3次世界大戦に飛び火するだろう。朝鮮半島を再び調理する4大大国の動きが決して簡単ぬ時代状況である。

我々は考えなければならない。戦争で勝って負けることが問題ではない。全土が焦土と化して食べることがなくなって、韓半島はもちろん、地球が滅亡する。昨年停電が原因でどのように不便なのか体験し、日本の原子力発電所の被害を空では、あらかじめ見せてくれていることを知るべきである。決して韓半島で戦争が起きてはならない。どのように防がなければならか?民間団体が出なければならない。

 “南北平和統一推進協議会”を作って北と協議しましょう。

①私たちの願いは統一!平和的な南北統一をいつまで待ち状態となり、どうすれば南北ともに共生できるかを議論してみよう。統一を一日も早く進めなければならない理由は、北韓をジョソンソン(朝鲜省)に編入させようとする中国の東北工程を阻止し、日本の独島侵略を退けるためである。また、北の資源と労働力、南朝鮮の技術と資本が共生結合し、経済を活性化させてよく生きるためである。

②政府は、北韓の急変事態に備えるため、今後10〜15年の期間に50兆ウォン規模の統一税を歩く案を検討中だという。統一案の合理的な青写真を提示しないまま国の負債規模はすでに400兆ウォンを超えており、家計の負債が1000兆ウォン程度、国民の租税負担がおびただしいもかかわらず、統一が雷のように近づくことができます寝て統一が自然になるのように考えていることが問題である。

③まず、我が国の統一の歴史を振り返ると、最初の統一は、新羅時代の金春秋大王がし、2番目の統一の主役は、考慮を創建した王である。この二度にわたる統一は、多くの人々を死体に追い込んだ血の戦争であったため、現在3つ目のなすべきことの統一は、血を流さず、統一費用がかからず、むしろ経済的に相互利益になる平和的な方法でする必要がありましょう。

平和統一の案を議論してみよう

①私たちと一緒統一のシナリオを見てみましょう。統一案は、大きく、休戦ラインをなくす統一と休戦ラインをそのままにしている統一二つに分けることができる。ドイツとベトナムのように、休戦ラインをなくす統一は、血を流したか天文学的なお金が必要南北ともに好ましくない。

②過去の政府で議論した統一方案を検討してみよう。南朝鮮の統一案は、民族共同体統一としての自由民主主義思想、南北同時選挙、1国、1システムでは、1の政府を主張しており、一方、北は高麗連邦制統一として北韓の金日成主体思想と1国家、2体制、2政府案として、連席会議の政治交渉を通じて解決しようとする。この両方の案を微調整すると、歴史に残る良い案が導出されることができる。

 ③休戦ラインをなくすドイツ式吸収統一をすることになったら、ドイツアルブレフトゥシュミットHVBグループ会長は、莫大な統一費用、労働生産性の減少、単一の通貨の導入、賃金の高騰と同じ4大悪材料のための経済成長率は下落傾向を免れないものとした。そして、米国のランド研究所が、ドイツ式の吸収統一をすれば統一費用は最低500億(約50兆)ドルから最大6700億ドルに達するとした。

④休戦ラインをそのままにしてヨーロッパ連合加盟国の形で統一をすれば、世界的な投資銀行兼証券会社ゴールドマンサクス(Goldman Sachs)は、韓国が欧州のように北の資源と労働力、南朝鮮の技術と資本が共生結合して、2025年に韓国の1人当たりGDP(Gross Domestic Product)は3万6813ドル、2050年には8万1462ドルで、米国に次ぐ世界2位になるだろうと予測している。

先に推進方策を議論してみましょう。

推進協議会では、政府と政界が敏感な統一の協議が難しく、南北民間の代表が一堂に会って統一案、統一スケジュール、政府の形態、選挙方法などの情報を協議しようとする。今後近いうちに、国会憲政記念会館で公聴会を開催し、インターネットで世論調査を実施しようとする。祖国と民族を愛する国内外の政治、社会、文化、宗教、女性、青年団体などはただ救国一念で大同団結して統一国家建設に積極的に参加していただきたい。政府と国会で多くの関心と支援をしてくれるてください。 hosun5115@hanmail.net

*筆者/ジョンホソンフランスのトゥールーズ工科大学工学博士、前慶北大教授は、15代国会議員、韓国サイバー国会議長

 




coded by nessus
Posted by on 2012年4月29日. Filed under 国際情勢. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*