“12月21日滅亡しなければ…”最高の予言


“12月21日滅亡しなければ…”最高の予言 <SEGYE.com>

入力2012.04.22 12:16:45,修正2012.04.22 14:08:06

‘歴代最高の予言’が話題だ。

最近あるオンライン コミュニティには”もし2012年12月21日に地球が滅亡しないならば私の予想には2013年9月20日数多くの赤ん坊が生まれるようだ”増えた予言文が載ってきた。

この予言は’2012年12月21日地球終末論’を迂回的につねったのだ。 ‘地球終末論’に議論される日付印2012年12月21日に多くの人々が恋人と共に送ることで,地球が滅亡しないならば9ヶ月の後これら(かれら)の間で多くの赤ん坊が生まれるという説明だ。

2012年12月21日は古代マヤ カレンダーで2012年12月21日しかないということに基づいた’地球終末である’だ。 また,未来株式市場変動を予測するウェムノボッが12月21日以後情報予測を拒否したのを理由でこの日地球終末説が広がった。

‘歴代最高の予言’にネチズンは”信じざるをえない” “0 or 100?” “論理が正確だ”などの反応を見せた。

ニュースチームnews@segye.com

 

——————————————————————————————————————————–

そのほか、同じ記事は韓国のDaum検索 『歴代最高の予言』から(こちら)。

Posted by on 2012年4月22日. Filed under コラム, トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*