統一教会などの宗教運動、 “韓国的キリスト教”の一形態である。


 

カトリックニュース今ここ ホーム > ニュース > 教会 > イベント、プレスリリース)より: 

統一教会などの宗教運動、 “韓国的キリスト教”の一形態である

4月30日、キム·フンス教授 “異端や韓国的キリスト教”を発表

2012年04月20日(金)14:11:07

 

 
   
▲キム·フンス教授ⓒニュースNジョイ

統一教会、ジョンドグァン、竜門山祈祷院など、​​1950年代から広く知られている宗教的な運動を再評価するフォーラムが4月30日午後7時、ソウルアンビョンムホル(ハンバック教会堂)で開かれる。聖公会大学東アジア研究所が主催し、第3の時代、キリスト教研究所·私たちの神学研究所が共同主催する今回のフォーラムでは、キム·フンスモッワン大学校教授が “異端や韓国籍のキリスト教”というテーマで発表する。韓国教会史専攻者である金教授は、この発表により、統一教会などの宗教運動の形成過程と社会的意義を明らかにし、これらが韓国キリスト教と社会からどのような待遇を受けたのか調べる予定である。

主観団体の担当者は “今は主流のプロテスタントは祈りの家などを抱き込んで、彼らのデバイスに書いているが……過去には、首都圏や大都市にある大型教会主流派が満たしてくれることができない精神的な渇望を満たす空間だった”と主張した。彼はこのような宗教運動の傾向と教理が主流プロテスタントの観点から見ると、教会の支配体制との教義に反抗的な “危険なもの”だったと言う。

統一教会などの宗教運動、 “韓国的キリスト教”の一型であることができ

この担当者は “異端や韓国籍のキリスト教”と発表タイトルを決めた理由を説明し、主流のプロテスタントは、新しい宗教運動を “正統に反する不正なこと”と言いながら “異端”と称する、どのように見ればこのような宗教運動も “韓国的キリスト教”のいずれかができると述べた。このような宗教運動は、 “どのように見れば危険であり、問​​題もあるが、評価前に、その時代の社会的条件の中で(信者たち)の欲望と必要を満たしてくれた韓国籍のキリスト教の一型であることができる”ということだ。彼は “正統と自負する韓国のプロテスタント教会も、”韓国的 “形”と主流のプロテスタントも “西欧や初代教会のモデルに照らしてみれば批判する点が多い”と付け加えた。

今回のイベントは、聖公会大学東アジア研究所が研究費を支援する “韓国保守主義の形成とキリスト教” 3カ年の研究プロジェクトの一環として開催される第五フォーラムです。参加費は3千ウォンだ。

<カトリックニュース今ここhttp://www.catholicnews.co.kr >




coded by nessus

1 2

Posted by on 2012年4月20日. Filed under トピックス. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

One Response to 統一教会などの宗教運動、 “韓国的キリスト教”の一形態である。

  1. Pingback: 異端,民衆苦難に応えて栄えた | familyforum.jp | ファミリーフォーラムジェーピー

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*