“韓日海底トンネルは、韓国を世界主要物流国で作ること”


“韓日海底トンネルは、韓国を世界主要物流国で作ること”  <SEGYE.com>

世界の平和トンネル財団イヨンフム副理事長インタビュー

 “韓国と日本の海の下を高速鉄道でつなぐ韓国・日本海底トンネルは我が国を世界の核心的な物流国家に引き上げるでしょう。 経済的打算などを理由で本格推進されないでいるが、韓国・日本トンネルが建設される場合、東北アジア新時代をひらく大動脈になるでしょう。”イヨンフム(66)世界平和トンネル財団副理事長は“韓国・日本トンネルは私たちの世代が次世代に伝える最高・最大の土木事業になること”としながらこのように明らかにした。 釜山市(プサンシ)庁と釜山(プサン)市立美術館、ベクスコ、ヌリマルなど釜山(プサン)の名品建築物を設計してきたこの副理事長は去る数年の間釜山(プサン)と日本を行き来して韓国・日本トンネル推進に力をつくしている。 釜山(プサン)や慶南(キョンナム)、巨済島(コジェド)でツシマを経て日本の福岡をつなぐ韓国・日本トンネルが21世紀アジアの繁栄と平和時代を象徴するという信念からだ。 そのような評価は韓国と日本列島をつなぐ海底トンネルを‘アジアン ルート’や‘アジア トンネル’で呼ぼうという提案でも現れる。

≪続く≫ (web翻訳のため、乱文をご容赦お願いいたします)

 

日本の福岡、佐賀県唐津(唐津)掘削現場には一·仕事をしてそのトンネルの妥当性かどうかを調べるための予備のトンネルが開いている。




coded by nessus
Posted by on 2012年4月20日. Filed under トピックス, ニュース, 国際情勢. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*