城南一和、セントラルコースト5-0撃破… ACL G組首位浮上


城南一和、セントラルコースト5-0敗北… ACL G組首位浮上

[アジアトゥデイ=ファン・ポヒョン記者]プロサッカー城南(ソンナム)エピソードがアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で組別リーグ初めて勝ちを勝ち取った。


城南(ソンナム)は18日炭川(タンチョン)総合運動場で開かれたセントラルコスト マリナース(オーストラリア)とのACL組別リーグG組4次戦で前半39分イ・チャンフン先制ゴール,前半43分エベルトン,後半24分キム・ソンファンの追加ゴール,後半28分エベルトンのペナルティーキック,後半38分ヨバンチチの最後のくさびゴールに力づけられて,5-0で大勝した。


先んじた3競技で全部引分けを記録した城南(ソンナム)は組別リーグで初勝利を記録して1勝3無(勝点6点)で名古屋グランパス(日本)を抜いてG組先頭にのぼった。


特にリーグで2連勝を走った城南(ソンナム)はチャンピオンズリーグでも上昇の勢いを継続したのと同時にホームで初勝利を記録してホーム ファンたちに勝利をプレゼントした。


シン・テヨン,ソンナム監督はシーズン初めて勝ちを勝ち取るためにヨバンチチ,エベルチンヨ,にベルトンなど外国人選手3人衆を前面に出して,セントラルコストのゴールを攻略した。


作戦は大成功であった。 前半戦中盤までうっとうしい攻防戦が続いたが前半39分イ・チャンフンの先制ゴールがさく烈しながら,状況が反転した。


先制ゴールで上昇の勢いに乗った城南(ソンナム)は前半42分フリーキック サンファンでエベルチンヨがあげたキックをヨバンチチがヘディングに連結した球をエベルトンがターニング シューティングに追加ゴールを成功させて勝機を捕まえて行った。


0-2で後れたセントラルコストは後半に入って,攻撃陣営に数字を増やして反撃に出た。 だが,城南(ソンナム)の守備陣を突き抜けるには失敗した。


城南(ソンナム)はセントラルコストの攻撃を無力化させて攻撃に対する手綱を緩めなかったし3番目ゴールを作り出して圧倒的な実力を誇った。


後半24分キム・ソンファンが右側ツンミョンでエベルチンヨのパスを受け継いで,角度がない状況で強力な右足シューティングを成功させた。 後半29分にはエベルトンがペナルティーキックでチームの4回目ゴールを入れた後,後半38分にはヨバンチチがくさびゴールをさく烈させて気持ち良い初勝利を作り出した。


同じ時間ファン・ソンホン監督が導く浦項(ポハン)スティーラーズはアデレード ユナイテッド(オーストラリア)とのE組4次戦遠征競技で後半45分紙縁にヘディングゴールを許容して,0-1で敗れた。


浦項(ポハン)は2勝2敗(勝点6)を記録して組2位で座り込んだ。

<ファン・ポヒョン記者hbh@asiatoday.co.kr>




coded by nessus
Posted by on 2012年4月18日. Filed under スポーツ・文化, ニュース. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*