“カンガンスルレのような集団歌舞、K-POPブームの根”


“カンガンスルレのような集団歌舞、K-POPブームの根”

 “KARA、少女時代、2PMなどアイドルグループが世界市場に進出して受け入れられているのは、我が民族の楽しい集団歌舞意識と集団共同体意識が土台になったためです。”

文学評論家のバクテサン(国文学)韓国放送通信大教授は16日、文化日報とのインタビューで “私たちの先祖は、骨の折れる仕事であっても、村の人々がみな団結して手に手を握って手分けしながら、これを克服した”とし “世界に吹くK-POPは韓国民族の集団的な歌舞風習と風流精神につながる “と話した。 彼は最近発行した “文化コンテンツと話す談話”(韓国文化社)にもこのような主張を込めた。

朴教授は、 “7〜8年前から吹き始めた韓流熱風以前にも、リトルエンジェルス、金徳洙サムルノリ、ナンタなど、私たちの伝統文化を素材にした韓流があった”とし “これらをよく見れば、その根底に”カンガンスルレ “や”快や青青ナネ “などの集団歌舞意識があることを見ることができる”と話した。

朴教授は “私たちの民族は、貧しい時代にも”文化強国 “という自負心を失わなかったし、その物的·精神的土台は私たちの先人たちの繊細な芸術的な職人技にある”と強調した。朴教授は、21世紀の映像の世代は、映画·TVドラマ·大衆音楽などで “姫の男”や “太陽を抱いた月”のように華やかでストーリー性のあるソサムル、律動美加味されたダンス音楽などを好むと分析した。




coded by nessus
Posted by on 2012年4月16日. Filed under トピックス, 芸能人・韓流. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*