子供の頃旧家がそのまま… “グーグルアース”のおかげで母をたずねて <세계일보>


幼い時古屋がそのまま…’グーグルアース’おかげでママ探して <세계일보>

5才の時道に迷ってオーストラリアで養子縁組
過去の記憶生き返らせて,衛星写真対照
26年ぶりに故郷探して,劇的対面

幼い時道に迷った後,オーストラリアで養子縁組されたあるインド青年が‘グーグル アース’衛星写真のおかげで26年ぶりにお母さんと劇的に再会することになった。

1986年当時5才だった砂時計プライオルリは汽車清掃仕事をする兄と共に旅行中だった。 インド中部マディヤプラデシュ州カンドゥワに位置した家の近所駅で少しの間寝ついて目を開いた砂時計は兄がなくなったのを知って兄を探すために停車していた汽車に乗った。 列車は出発したし兄の姿は見られなかった。 14時間後彼は貧民村が並んでいるインド,中東部都市カルカッタに到着した。

ご両親が自身を探すことができないことだと諦めた砂時計は道路でもの乞いをしながら一人の力で生き残る方法を習った。 そうするうちに孤児院に入って,オーストラリアのタスマニアに住むプライオルリ夫婦に養子縁組された。

砂時計は新しい家庭によく適応した。 だが年を取るほど別れた家族と会いたいという熱望が大きくなった。 問題は自身が生きた町内の名前を分からないということだった。 彼は唯一の端緒である頭の中町内イメージとグーグル アース衛星写真を対照しながら広いインドの土を検索し始めた。

彼は13日(現地時間)英国BBCとのインタビューで“数多くの試行錯誤終わりにカルカッタでインド汽車速度で14時間落ちたところを逆計算して,同心円を描いて範囲を狭めて隅々まで探したあげく幼かったとき遊びに行ったりした滝が出てきた”故説明した。

砂時計は記憶の中の家に訪ねて行った。 すでに家族は引越しした後だったがうわさをたよりに捜したあげくお母さんと会うことができた。 お母さんはいつか息子とまた会うことだと予言した占いの話に心細い希望をかけて生きた。 砂時計が失踪して一月ぐらいすぎて兄が鉄道で死骸で発見されたという事実も一歩遅れて知るようになった。 砂時計は“お母さんを探したという事実をしばらく信じられなかった”や“その間肩を重く押さえ付けたのが消えた”コ話した。 彼の話は近い将来本や映画で会えると見られるとBBCは伝えた。




coded by nessus
Posted by on 2012年4月15日. Filed under ニュース, 社会. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response or trackback to this entry

Leave a Response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*